スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

世界の水資源、食糧生産倍増に十分 専門家グループ

* 2011年09月27日 18:38 発信地:ブラジリア/ブラジル
http://www.afpbb.com/article/environment-science-it/environment/2831055/7839168
【9月27日 AFP】世界には、今後数十年で食糧生産を倍増させるのに十分な淡水があるが、問題はその非効率な利用の仕方にある。ブラジルのポートデガリーニャス(Porto de Galhinhas)で開催中の世界水会議(World Water Congress)で26日、このような調査結果が報告された。


スポンサーサイト

太陽光発電 まとめ目次

Ⅰ)夢のクリーンエネルギーか高価な道楽か?
http://chikyuondanka1.blog21.fc2.com/blog-entry-299.html
Ⅱ)リスクは大きくリターンは小さい投資
http://chikyuondanka1.blog21.fc2.com/blog-entry-300.html
Ⅲ)ドイツの教訓
http://chikyuondanka1.blog21.fc2.com/blog-entry-301.html
Ⅳ)経済学者の意見
http://chikyuondanka1.blog21.fc2.com/blog-entry-306.html
Ⅴ)スーパー御用学者登場!
http://chikyuondanka1.blog21.fc2.com/blog-entry-307.html
Ⅵ)経済統計との矛盾
http://chikyuondanka1.blog21.fc2.com/blog-entry-308.html
Ⅶ)そもそもLCAという手法に無理がある
http://chikyuondanka1.blog21.fc2.com/blog-entry-309.html
Ⅷ)太陽光発電はクズ
http://chikyuondanka1.blog21.fc2.com/blog-entry-310.html
Ⅸ)隠される付随費用
http://chikyuondanka1.blog21.fc2.com/blog-entry-311.html
Ⅹ)日本化学連合会長の懐疑論
http://chikyuondanka1.blog21.fc2.com/blog-entry-312.html
ⅩⅠ)石炭火力で発電すればいい
http://chikyuondanka1.blog21.fc2.com/blog-entry-313.html
ⅩⅡ)石炭バンザイ!
http://chikyuondanka1.blog21.fc2.com/blog-entry-314.html

グーグル検索窓

WWW を検索 サイト内検索

キーワード

ヒマラヤ氷河関係 小目次

ヒマラヤ氷河関係
「ヒマラヤの氷河が消失すると水資源が枯渇する」というIPCCの大嘘
http://chikyuondanka1.blog21.fc2.com/blog-entry-55.html
ヒマラヤの氷河大嘘事件 IPCCの報告書に根拠のない記述
http://chikyuondanka1.blog21.fc2.com/blog-entry-40.html
ヒマラヤの氷河が消失すると水資源が枯渇する?
http://chikyuondanka1.blog21.fc2.com/blog-entry-77.html
CO2地球温暖化は、検出されているのか?4
http://chikyuondanka1.blog21.fc2.com/blog-entry-190.html
IPCCし第四次報告書 アジア
http://chikyuondanka1.blog21.fc2.com/blog-entry-168.html
【杉浦美香の環境白書】温暖化解決の根拠のはずが…揺らぐIPCCレポートの信用性
http://chikyuondanka1.blog21.fc2.com/blog-entry-136.html
氷河の後退は CO2による温暖化が原因とは考えられない
http://chikyuondanka1.blog21.fc2.com/blog-entry-26.html
【IPCC報告書】嘘が書いてあるかもしれないので、引用しないほうがいい。
http://chikyuondanka1.blog21.fc2.com/blog-entry-123.html
あまりにも政治的
http://chikyuondanka1.blog21.fc2.com/blog-entry-118.html
IPCC:国連報告書、ミス多発 信頼回復が急務 背景に温暖化研究の南北格差も
http://chikyuondanka1.blog21.fc2.com/blog-entry-114.html
IPCCの山岳氷河後退論、登山愛好家雑誌と学生論文が根拠か 英紙(AFP)
http://chikyuondanka1.blog21.fc2.com/blog-entry-149.html
ヒマラヤの氷河の融解に関する IPCC 声明(環境省仮訳)
http://chikyuondanka1.blog21.fc2.com/blog-entry-109.html

IPCC(気候変動に関する政府間パネル)関連 小目次

IPCC(気候変動に関する政府間パネル)関連
「クライメートゲート事件とコペンハーゲン会議」 アラスカ大学国際北極圏研究センター赤祖父俊一
http://chikyuondanka1.blog21.fc2.com/blog-entry-94.html
パチャウリIPCC議長の素顔
http://chikyuondanka1.blog21.fc2.com/blog-entry-112.html
IPCCとは?
http://chikyuondanka1.blog21.fc2.com/blog-entry-147.html
ホッケースティック論争とは何か?
http://chikyuondanka1.blog21.fc2.com/blog-entry-182.html
クライメート事件とは何か1
http://chikyuondanka1.blog21.fc2.com/blog-entry-169.html
IPCCし第四次報告書 アジア(ヒマラヤ氷河の嘘の章)
http://chikyuondanka1.blog21.fc2.com/blog-entry-168.html
我が国におけるIPCC第4次評価報告書執筆者
http://chikyuondanka1.blog21.fc2.com/blog-entry-167.html
【IPCC報告書】嘘が書いてあるかもしれないので、引用しないほうがいい。
http://chikyuondanka1.blog21.fc2.com/blog-entry-123.html
ヒマラヤの氷河の融解に関する IPCC 声明(環境省仮訳)
http://chikyuondanka1.blog21.fc2.com/blog-entry-109.html
IPCC:国連報告書、ミス多発 信頼回復が急務 背景に温暖化研究の南北格差も
http://chikyuondanka1.blog21.fc2.com/blog-entry-114.html

キーワード(目次)

 ほしい情報が具体的にある場合は、下記の検索窓を利用するのが一番早いと思います。


キーワード(目次)

ツバル水没問題関係
http://chikyuondanka1.blog21.fc2.com/

IPCC(気候変動に関する政府間パネル)関連
http://chikyuondanka1.blog21.fc2.com/blog-entry-225.html

ヒマラヤ氷河関係

http://chikyuondanka1.blog21.fc2.com/
「ヒマラヤの氷河が消失すると水資源が枯渇する」というIPCCの大嘘
http://chikyuondanka1.blog21.fc2.com/blog-entry-55.html
ヒマラヤの氷河大嘘事件 IPCCの報告書に根拠のない記述
http://chikyuondanka1.blog21.fc2.com/blog-entry-40.html
ヒマラヤの氷河が消失すると水資源が枯渇する?
http://chikyuondanka1.blog21.fc2.com/blog-entry-77.html

北極関連ホッキョクグマ関連
北極報道の検証
http://chikyuondanka1.blog21.fc2.com/blog-entry-39.html
【地球】北極の氷は融けているか?【温暖化】(ビデオ約5分)
http://chikyuondanka1.blog21.fc2.com/blog-entry-30.html
北極の海表面積が増え続ける ホッキョクグマは絶滅の危機ではない
http://chikyuondanka1.blog21.fc2.com/blog-entry-5.html


南極関連
南極は、温暖化している?
http://chikyuondanka1.blog21.fc2.com/blog-entry-65.html
南極の昭和基地は、温暖化していない
http://chikyuondanka1.blog21.fc2.com/blog-entry-28.html

稲作と温暖化
温暖化は稲作にとって脅威とは言えない。作況指数と温暖化事例研究
http://chikyuondanka1.blog21.fc2.com/blog-entry-35.html
水稲作況指数と温暖化
http://chikyuondanka1.blog21.fc2.com/blog-entry-15.html

地球平均気温関連

近年の寒冷化傾向を示す地球平均気温グラフ
http://chikyuondanka1.blog21.fc2.com/blog-entry-9.html
気温データは汚染されている
http://chikyuondanka1.blog21.fc2.com/blog-entry-38.html
現在の地球温暖化の原因である二つの自然変動 赤祖父俊一
http://chikyuondanka1.blog21.fc2.com/blog-entry-113.html

地球温暖化対策等

民主党&環境省25%削減政策関連
温暖化ガス削減 100兆円追加必要
http://chikyuondanka1.blog21.fc2.com/blog-entry-157.html
民主党の25%削減目標は思い付き
http://chikyuondanka1.blog21.fc2.com/blog-entry-36.html
小沢試案は、検討会の議論を踏まえていない。
http://chikyuondanka1.blog21.fc2.com/blog-entry-95.html


京都議定書関連

京都議定書って何?
http://chikyuondanka1.blog21.fc2.com/blog-entry-138.html
京都議定書という不平等条約
http://chikyuondanka1.blog21.fc2.com/blog-entry-21.html
京都議定書から逃げるな 目標達成に全力を  対策には経済的効果も 明日香 壽川
http://chikyuondanka1.blog21.fc2.com/blog-entry-152.html

対策批判評論

地球温暖化対策という公共投資で景気は良くならない
http://chikyuondanka1.blog21.fc2.com/blog-entry-19.html
地球温暖化対策は「良くない」
http://chikyuondanka1.blog21.fc2.com/blog-entry-32.html
排出量取引「濡れ手に粟」の高笑い
http://chikyuondanka1.blog21.fc2.com/blog-entry-127.html
最大の〝お得意様〟はやっぱり日本だった ”年商”4500億円のボロ儲け! 排出権ビジネスは現代の不平等条約だ
http://chikyuondanka1.blog21.fc2.com/blog-entry-102.html


太陽光、風力発電関連

太陽光発電大増設に伴う付随費用
http://chikyuondanka1.blog21.fc2.com/blog-entry-214.html
太陽光発電、韓国から輸入急増、何故、日本の価格は異常に高いのか、
http://chikyuondanka1.blog21.fc2.com/blog-entry-139.html
米の雇用、アジアが横取り 環境関連メーカー、低コストの新興国へ
http://chikyuondanka1.blog21.fc2.com/blog-entry-20.html
北海道の銭函海岸風力発電
http://chikyuondanka1.blog21.fc2.com/blog-entry-187.html

原発関連
各国は原発の新増設によって温暖化ガスの排出を減少させる方向で一致
http://chikyuondanka1.blog21.fc2.com/blog-entry-196.html
「エコ原発」虚構 火力より高コスト 太陽光発電比 CO2排出は2倍 立命館大学 大島教授の研究
http://chikyuondanka1.blog21.fc2.com/blog-entry-202.html
家庭と自家用車からのCO2を半減そして原発増設
http://chikyuondanka1.blog21.fc2.com/blog-entry-52.html
温暖化対策を前面に 日本原子力産業協会年次大会
http://chikyuondanka1.blog21.fc2.com/blog-entry-81.html

その他、関連資料等
独自の国際排出量取引制度、経産省準備開始
http://chikyuondanka1.blog21.fc2.com/blog-entry-134.html

もっと詳しく↓

揺らぐ確信 政治家の心

profile.jpg

公明党は、民主党よりも過激な温暖化政策が党の方針です。

ここから引用:
公明、温暖化対策で対案
http://www.komei.or.jp/news/detail/20100415_1942
公明新聞:2010年4月15日付
意欲的な理念、目標示す
温室効果ガス 前提条件なしに25%削減
衆院に提出

_1.jpg
「気候変動対策推進基本法案」を提出する斉藤政調会長(右から2人目)、加藤氏(同5人目)ら=14日 国会内「気候変動対策推進基本法案」を提出する斉藤政調会長(右から2人目)、加藤氏(同5人目)ら=14日 国会内



その中にあって、公明党衆議院議員 赤松正雄氏のブログを見ると、IPCCへの疑問や温暖化対策への強い疑問がつづられています。彼は、自らの疑問や信念と党の方針の矛盾にどう対処するのでしょうか?自らの疑問や信念を押し殺して党の方針に従うのか?信念を貫いて党の方針を覆す努力をするのか?彼の政治家としての真価が問われています。


ここから引用:
地球温暖化をめぐる虚々実々のせめぎ合いを解く
http://akamatsu.kilo.jp/mt/mt-search.cgi?search=%E6%B8%A9%E6%9A%96%E5%8C%96&IncludeBlogs=1&limit=20
ただ、CO2主因説の前提にIPCCの報告書があげられていたものが、ここへきてその報告書に改ざんなどのいい加減なデータがあげられていたことが判明したため、じわり流れが変わりつつあるように見える。これをもって鬼の首を取ったように言うつもりはないものの、IPCCには不誠実な意思が潜んでいるかのように思われてならない。



ここから引用:
温暖化の主因を疑わせる事態をどうする《3月31日》
 しかし、その肝心要のIPCC自体がいまや崩壊の危機に瀕していると言う。実は、今年のはじめに、ヒマラヤの氷河が25年後に消失するとの報告書は全く根拠がなかったとの報道に接したが、その後の展開ぶりが不明だったため、気にはしながらも、忘れていた。ところが、このWEDGEの特集によると、その後情報ロンダリングが次々と発覚しており、いまやIPCCの中立性と権威は失われたと言う。

 さて、この勝負の行方はどうなるのか。私の周囲にもIPCCを信じて疑わない人が圧倒的に多いことが気にかかる。




Copyright © chikyuondanka
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。