スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

“17世紀の危機”の原因は小氷期

Brian Handwerk
for National Geographic News
October 5, 2011
http://www.nationalgeographic.co.jp/news/news_article.php?file_id=20111005001&expand&source=gnews
 17世紀のヨーロッパは、戦争やインフレーション、飢饉(ききん)など、混乱と不安にあふれていた。歴史学では「全般的危機(The General Crisis)」や「17世紀の危機」と言われている。

“17世紀の危機”の原因は小氷期

 1世紀も続いたこの動乱期については、「封建主義から資本主義に移り変わる中で生じた“成長期の痛み”」と説明されてきた。しかし最新の研究は、気候変動による寒冷化、いわゆる「小氷期」を原因として指摘する。


スポンサーサイト

太陽が極小期に突入する3つの証拠

太陽が極小期に突入する3つの証拠
http://www.nationalgeographic.co.jp/news/news_article.php?file_id=20110615001&expand#title
 太陽の内部、表面、上層大気を調べた3つの研究が、次の太陽周期は大幅に遅れるという予測を出した。さらに、まったく訪れない可能性もあるという。通常であれば、次の周期は2020年前後に始まる。

 各研究のデータを総合すると、太陽活動が異常なほど低下する「極小期」に間もなく突入する可能性がある。1645~1715年のマウンダー極小期以来の活動低下になるかもしれない。


北極振動が提唱されたのは1998年by米気象学者ら


ここから引用:
 「北極振動」は1998年にアメリカの気象学者トンプソン(David W.J.Thompson コロラド大学教授)とウォーレス(ウォーレス John M.Wallace ワシントン大学教授)が提唱したものです。
http://www.fukuishimbun.co.jp/modules/teach/index.php?page=article&storyid=404

丸山茂徳の寒冷化論と不気味な予言

2008年10月21日収録 丸山茂徳 宮崎哲弥 水道橋博士

地球温暖化CO2犯人説のウソ 
http://www.youtube.com/watch?v=h6xFe6lXu1Y
http://www.youtube.com/watch?v=_6EEOtgo5Fk
http://www.youtube.com/watch?v=5CpyAGU4FBs
http://www.youtube.com/watch?v=0Wpdc71nO54
http://www.youtube.com/watch?v=msSCDWjRXbo
http://www.youtube.com/watch?v=rId5dg9QKKY
http://www.youtube.com/watch?v=6YsFU5kIKwU
http://www.youtube.com/watch?v=W8ITxLPRbpc


地球温暖化CO2犯人説のウソ 5/8
http://www.youtube.com/watch?v=msSCDWjRXbo
2分30秒ごろから
太陽の黒点が少なくなる→太陽風が弱まる→宇宙線が多くなる→地震や火山噴火の引き金になる


丸山茂徳「桜島が今危ないでしょ。(中略)浅間もそうだし、白根火山も、」

予言してる!えええーーーーーー?

浅間山が小規模噴火=噴煙2000メートル、関東南部にも灰-警戒継続・気象庁(2009/02/02-12:21)
http://www.jiji.com/jc/zc?k=200902/2009020200011&rel=j&g=soc

桜島、噴煙4000M上昇 7年ぶりの大量降灰 2009年4月9日22時30分
http://www.asahi.com/national/update/0409/SEB200904090017.html
 9日午後3時31分、鹿児島市の桜島の昭和火口で爆発的噴火があった。噴煙は火口から4千メートル以上も上昇し、06年の活動再開以降、最も高かった。噴煙は北東の風に流され、02年10月以来7年ぶりに大量の火山灰が一度に市街地などに降った。県と市は市街地に清掃車を出動させた

アイスランドの噴火も?

現在太陽黒点が異常に少ない(100年ぶり)状態が続いています。

テムズ川凍結

テムズ川凍結のニュースを今年見ましたが、現在日本語でこのニュースが探せません。英語で探しましたが挫折。以下のブログのコメントが、一番この事を生き生きと伝えている。だが、孫引きでこれ一つしか記事が見つかりませんでした。。。今後もテムズ川凍結について一次情報を探しますが、まさか、ネット上から消されているわけじゃないですよね。何年ぶりの凍結なんでしょうか?どなたか情報をお持ちの方はお願いいたします。


ここから部分引用:
ヒマラヤの氷河消失は誤り クライメートゲートに続くIPCCの失態
http://nagatsuki07.iza.ne.jp/blog/entry/1462953/
寅次郎さんのコメント

“過去の小氷河期における象徴的なエピソードとして「英国テムズ川の凍結」が揚げられますが、今シーズンのテムズ川は完膚なきまでにカチンカチンに凍り付き、川の南方(Battersea)に住む友人は「まるで天然のスケートリンク!」、「歩いて対岸に渡れる」と語り、「女王を始め、英国全土がUNやCRUのインチキに怒り狂っている」と教えてくれました。”


テムズ川凍結。これは過去をさかのぼって、古気候を考える上で重要なファクターです。


ここから引用:
英国と暮す
http://apd2.exblog.jp/10106695/
昔は、テムズ河が凍ったそうで、1607年~1814年まで毎年、凍ったテムズ河の上でフロスト・フェアが開催されていました。
氷の上で、ゲームをしたりマーケットがあったり・・・
冬の気温が上昇しテムズ河が凍結しなくなったので、1814年を最後にこのイベントは途絶えてしまいました。

古気候

上記グラフを見ると、昔は寒かった。今は暖かい(間氷河期)。そしてその寒い昔(小氷河期)に戻る、いや、もう戻っているかもしれないというのが、テムズ川凍結ではないでしょうか?こういう可能性があるのですから、学者先生は、十分に寒冷化について研究してください。お願いいたします。


火山活動と寒冷化と凶作



アイスランドの火山噴火に伴い、冷夏大凶作の可能性についてマスコミが伝えている。

ここから引用:
「実際、この異常気象が招いた食糧不足はフランス革命をもたらす。また日本の天明の大飢饉(ききん)も、同じ年の浅間山噴火とともにラキ火山の噴出物の影響によるといわれている」(毎日新聞)
http://mainichi.jp/select/opinion/yoroku/news/20100417k0000m070124000c.html
「1783年のラキ火山の噴火が有名。気温低下によって大規模な飢饉が起き、フランス革命のきっかけになったとの説もある」(スポニチ)
http://www.sponichi.co.jp/society/flash/KFullFlash20100417086.html


しかし、なぜ、マスコミは、直近の1993年の平成の大冷夏、大凶作について語らないのだろう。
1993年の全国の平均作況指数は、74、東北平均57、宮城県だけに限れば、37という悲惨なものであった。

これは、1991年、フィリピンにあるピナツボ火山の噴火によって巻き上げられた火山灰が日光をさえぎり(日傘効果)地球が寒冷化したためだった。


日本の気温研究の大家、近藤純正東北大名誉教授は、ピナツボ火山の噴火後、1991年、1992年と農業専門誌上において、冷害の可能性を警告していた。
近藤教授によると、「1980年から、日本は6-8月の気温が「寒冷時代」に突入」しているようなので、冷害に特別な注意が必要なのだ。(地球温暖化の話と矛盾するなぁ。)
1993年の大冷夏、80年ぶりの大凶作
http://www.metsoc.jp/tenki/pdf/1994/1994_08_0465.pdf

近藤教授の予言と警告が、農業関係者にどのように受け止められたのか、私は知らない。しかし、日本政府はまったく何の手も打たず、マスコミも無視した。

そして起こった大凶作と米騒動。タイ米を緊急輸入し、それが路上に捨てられる、豚のえさになる。日本政府の要請を快諾し、在庫米のすべてを日本に輸出したタイの人々はどう思ったのか。同じ米民族なら、その気持ちはわかるであろう。

この失態をまた繰り返すのか?日本政府の貯蔵米など当てにならぬ。量が少なすぎる。かびている。そのカビ米を工業米に回したつもりが、食用に回っていたというカビ米騒動。

日本が今後、注目すべきは、この寒冷化の可能性であり、その情報収集であろう。しかし、それを知らせるマスコミはない。

もうひとつ付け加えると、冷夏になれば、CO2濃度が減少します。なぜなら、CO2が増えるから温暖化するのではなく、温暖化するからCO2が増えるのだから。

参考:どこへ行った?CO2?
http://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/study/9467/1212960590/l50

上のグラフの説明:1980年頃から「寒冷時代」に入っている。米の不作凶作になる可能性が大きい。これは、6-8月の気温が低いからである。
中間のグラフの説明:ピナツボ火山の噴火の後に地球平均気温が下がった


Copyright © chikyuondanka
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。