スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

北極の海氷面積、最小記録を更新

北極の氷の増減は、地球温暖化の指標にはなりません。気温との相関関係がありません。氷の増減の原因はよくわかりません。
ついでに言いますと、南極の場合は、氷が増えています。
スポンサーサイト

北極の海氷面積

北極の海氷面積
http://www.ijis.iarc.uaf.edu/jp/seaice/extent.htm
【概要】北極の海氷面積グラフ

北極報道の検証

今まで、こんなに北極が注目されたことがあるだろうか。
一ヶ月に何本もの北極に関する記事が出る。

もちろん、温暖化脅威論の文脈の中で、北極は語られるのだ。

いわく、
北極の氷が溶けたら、洪水になるかもしれない。
北極熊は絶滅の危機だ。
北極の気温は、異常高温だ。
北極の氷が史上初なくなるかもしれない。


報道と現実がずれていないだろうか?
報道に嘘が混じっていないか?
検証してみたいと思う。

---------------------------------------------------------------

一番初めに、北極報道の嘘に警鐘を鳴らしたのは、武田邦彦教授だと思う。*1
「北極の氷が解けても海面上昇は起こらない。アルキメデスの原理で明らか。こんな嘘の報道が堂々とまかり通り、それにだまされるようでは、科学立国が危うい」
実は、私もだまされていた。北極の氷が溶けると、海面が上昇すると思っていた。

もう一人。北極報道によるミスリードに警鐘を鳴らし続けている人がいる。
赤祖父俊一氏。北極の権威。曰く、

ここから引用:
It is necessary to mention here another kind of “misleading” piece of information. It has been widely reported that sea ice in the Arctic Ocean would disappear in the summer of 2040.
It is a computer simulation result of one scientist based on a particular theory.
There are a number of other results that indicate that sea ice will remain until 2100 or after 2300.
However, news media report sensationally only the 2040 case, so that the public is informed only one side of the story. In a sense, such reporting is “misleading.”
http://people.iarc.uaf.edu/~sakasofu/misleading.php
(拙訳)
もう一つ「ミスリード」の例を挙げねばならない。「北極の氷は、2040年の夏に消滅する」という報道だ。これは、あちこちで報道されている。これは、ある一人の科学者のある特定の理論を基にしたコンピュータ シミュレーションの結果でしかない。複数の研究結果に目を通せば、北極の氷は、2100年または 2300年まで残るというということが分かる。にもかかわらず、メディア報道は、2040年に氷がなくなるというケースのみをセンセーショナルに報じている。一般大衆は、一面的な情報のみを伝えられている。「ミスリード」である。


インターネットの時代になって、大手メディアの報道を検証することができるようになりました。
報道のさらに情報元を見て確かめることができます。
英文記事と日本語記事を比較して誤訳を指摘することができます。
科学的な生のデータを参照することもできます。
それらの検証作業を通じて見えてくるものは何でしょうか。

一緒に考えたいと思います。

北極海氷面積情報


1【情報の概要】
北極海氷面積情報

2【情報の意味】
北極の海氷面積は、減少していない。2007年に大きく減少したが、その後回復している。2007年の減少は、「6月から異常な晴天が持続」と考えるのが妥当。

3【情報のソース】
海氷面積情報
http://www.ijis.iarc.uaf.edu/jp/seaice/extent.htm

4【コメントや補足説明】


ここから引用:
(前略)
今年の夏期の海氷融解のペースが、昨年よりも遅い理由の一つとして、今年は、日照時間が長くなる6-7月の天候が悪かったことが挙げられます。昨年は、北極海のアラスカ寄りの海氷上で6月から異常な晴天が持続し、7月に入ってから急激に海氷面積の減少が始まりました。しかし、今年は、6月から曇りの日がつづき、日射による海氷表面の融解がやわらげられたと考えられます。(後略)
http://www4.ijis.iarc.uaf.edu/ijis-blog/2008/08/post-1.html(リンク切れ)

北極研究者のブログからの引用ですが、リンクが切れて見つかりません。

2007年の夏に北極海氷面積が大きく減少し、「北極の氷がなくなる」と大騒ぎしましたが、それは一時的なもので、その後回復しています。2010年4月2日からこの時期の最大面積記録更新中。

【地球】北極の氷は融けているか?【温暖化】(ビデオ約5分)

1【情報の概要】
NOAAのウェブページからデータのアーカイブを元に、南極と北極の氷の増減を視覚化
【地球】北極の氷は融けているか?【温暖化】 (ビデオ約5分)

2【情報の意味】
北極も南極も氷が融けているというデータはない。あるのは、今後融けるであろうという温暖化予知と融けているから大変だ!というマスコミの誤報である。

3【情報のソース】
【地球】北極の氷は融けているか?【温暖化】(ビデオ約5分)
http://www.veoh.com/browse/videos/category/educational/watch/v16753568EBdknpgG

4【コメントや補足説明】
これを作った人は、地球温暖化懐疑論ではないそうです。
このビデオでは、氷の面積だけを問題にしています。氷の体積の正確なデータがないので、面積で氷の増減を推定するしかないからです。しかし、面積データは、衛星からの測定であり、信頼性の高いデータです。

南極の昭和基地は、温暖化していない



1【情報の概要】
南極の昭和基地は、温暖化していない。

2【情報の意味】
都市化と無縁の昭和基地では、温暖化していない。このデータは、科学的に訓練された研究者による精密な信頼できる観測データと思われる。

3【情報のソース】
The NASA Goddard Institute for Space Studies (GISS)
Surface Temperature Analysis - Station Data
http://data.giss.nasa.gov/cgi-bin/gistemp/gistemp_station.py?id=700895320008&data_set=1&
num_neighbors=1


南極教室Q&A 「その1:気温編」
http://www.adm.kanazawa-u.ac.jp/ad_koho/nankyoku/QandA_kion.html
1969年から2005年までの昭和基地の年平均気温はマイナス10度±1度の範囲に収まっています。昭和基地の気温では、まだ温暖化を裏付ける結果は得られていません。

4【コメントや補足説明】
どーして昭和基地は温暖化していないのだろうか。

北極の海表面積が増え続ける

AMSRE_Sea_Ice_Extent.jpg
2010年4月2,3日は、4月2,3日の最大面積更新中。

 今後も記録更新が続くかもしれません。(データは2003年以来です。これ以前のデータは、IARCにありません。)
 これが近年の寒冷化傾向をを表し、これから寒冷化に向かうのかもしれません。もちろん、将来の気候がどうなるか誰も確実なことは言えません。  

 しかし、確実に言える事は、温暖化の影響が出るはずの北極で、温暖化は観測できていない。北極の氷がなくなると大騒ぎしたり、ホッキョクグマ絶滅を大いに心配をしていた人々はこの事実に沈黙しているということです。北極の氷の消滅やホッキョクグマの絶滅の危機を訴える「科学」はどこへ行ったのでしょうか?ホッキョクグマはきっと大喜びしているに違いありません。

========================
北極海氷面積

月、日、年、海氷面積(単位:平方キロメートル)
04,02,2010,14379531
04,02,2009,13933438
04,02,2008,14074844
04,02,2007,13436563
04,02,2006,13340938
04,02,2005,13513281
04,02,2004,13882031
04,02,2003,14335781

04,03,2010,14328438
04,03,2009,13940469
04,03,2008,14063906
04,03,2007,13430313
04,03,2006,13311719
04,03,2005,13494219
04,03,2004,13847188
04,03,2003,14250469

http://www.ijis.iarc.uaf.edu/seaice/extent/plot.csv

ホッキョクグマ

ホッキョクグマは、1980年代の乱獲による減少から立ち直った。グラフはハドソン湾だけの数。総数は2万頭を超えると言われている。そのために、毎年約400頭のハンティングが許可されており、絶滅に危機にはない。典拠・ビョルン・ロンボルグ

上記グラフは、2002年の野生動物基金の推定。変わらず:45%、不明:25%、減少;16%、増加:14%。減少の方が増加よりも2%多いが、誤差の範囲。




ここから引用:
ホッキョクグマ禁輸案を否決=米国主張通らず-ワシントン条約会議
http://www.jiji.com/jc/zc?k=201003/2010031800971
 【ドーハ時事】絶滅の恐れのある動植物の取引を規制するワシントン条約の締約国会議は18日の第1委員会の討議で、米国が提案していたホッキョクグマの国際取引禁止案を否決した。
 米国は締約国会議に、現在、輸出許可制の対象としているホッキョクグマが絶滅の恐れがあるとして、皮など関連製品の国際取引を全面的に禁止するよう提案した。
 これに対し、カナダ、ノルウェーなどは、ホッキョクグマは絶滅の危機にはなく、国際取引で個体数が大きく減少するようなこともないと主張、禁輸案に反対する構えを崩さなかった。投票の結果は賛成48、反対62、棄権11で、採択に必要な出席国の3分の2の賛成票が集まらず、否決された。(2010/03/18-20:41)

ホッキョクグマは、今でもハンティングの対象であり、毛皮等の国際取引が行われている。絶滅の危機だという証拠ははく、2010年のワシントン条約の締約国会議はホッキョクグマの国際取引禁止案を否決。


Copyright © chikyuondanka
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。