スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

温暖化は稲作にとって脅威とは言えない。作況指数と温暖化事例研究

1)山形県災害年表 http://www.yynosai.or.jp/nosai/databook/databook-nenpyo.html これを例にとり、温暖化と寒冷化の作況指数との関係を考察し推定する。
2)作況指数は、10a当たり収量/10a当たり平均収量×100 という計算式によって求められる。 区分は以下のとおりである。
 良 作況指数106以上
 やや良 同102~105
 平年並み 同99~101
 やや不良 同95~98
 不良 同 94~91
 著しい不良 同90以下


3)作況指数98以下(やや不良、不良、著しい不良)の年を青、102-105(やや良)を薄いピンク、106以上(良)をピンクでハイライトした。
4)温暖化に関係すると思われる項目の文字色を暖色にした。 5)寒冷化に関係すると思われる項目の文字色を寒色にした。

山形県災害年表

年度 西暦 作況指数 収量(Kg) おもな被害等
24 1949 102 352 異常低温暖冬寡雪、キティ台風、ツマグロヨコバエ異常発生
23 1948 120 407 降雹、アイオン・リビー台風
24 1949 102 352 異常低温暖冬寡雪、キティ台風、ツマグロヨコバエ異常発生
25 1950 107 366 庄内いもち病大発生寡雪突風、融雪洪水
26 1951 99 344 寡雪、大干ばつ、温海温泉大火
27 1952 106 370 異常低温、豪雨、湯野浜大火、ジェーン台風、晩霜
28 1953 97 351 甚冷、豪雨、台風13号、9月低温
29 1954 113 412 ヒメハモグリバエ、ツマグロヨコバエ異常発生
30 1955 127 461 庄内・置賜稲青虫大発生、県南大雪異常高温、カラ梅雨
31 1956 116 436 異常高温、大干ばつ、暖冬寡雪
32 1957 118 456 暴風、地震
33 1958 104 438 村山地方干ばつ、台風21号、異常高温、暖冬寡雪
34 1959 105 460 伊勢湾台風、暖冬寡雪大降雹
35 1960 109 487  
36 1961 105 475 飽海地方豪雨、大雪、台風18・24号
37 1962 102 471 異常高温、置賜干ばつ
38 1963 102 476 最上地方・飽海地方豪雨
39 1964 104 487 干ばつ、新潟地震、豪雨
40 1965 104 496 雷、降雹、豪雨、台風24号
41 1966 107 514 台風4号、豪雨
42 1967 118 567 羽越豪雨
43 1968 112 569  
44 1969 102 532 大雪、晩霜、豪雨
45 1970 108 577 干ばつ、豪雨、大雪
46 1971 90 500 異常低温高温寡照、庄内集中豪雨
47 1972 95 529 低温、水害、いもち病発生、晩霜、台風20号
48 1973 103 563 降雹、寡雨干ばつ
49 1974 103 566 鳥海山噴火、大蔵村赤松で山崩、豪雪、異常低温、大雨
50 1975 112 612 県北豪雨、雷雨降雹、寡雨干ばつ
51 1976 92 511 異常低温、冷夏、いもち病、酒田大火
52 1977 104 581 異常低温、冷害、いもち病
53 1978 104 579 宮城沖地震、少雨干ばつ
54 1979 98 548 強風、降雹、台風16・20号
55 1980 97 546 異常低温、冷害、大雪
56 1981 92 525 異常低温、冷害、風水害、凍霜害、降雹、台風15号
57 1982 97 553 冷害、降雹、大雨
58 1983 102 582 日本海中部地震、大雨、
59 1984 107 608 干ばつ、大雪
60 1985 107 613 降霜、降雹、強風、異常高温
61 1986 105 604 大雨
62 1987 104 600 暖冬降霜、異常乾燥、大雨
63 1988 92 536 異常低温、冷害、いもち病、降雹、台風
平成元 1989 99 579 少雨、台風13・17号
2 1990 100 582 フェーン
3 1991 94 547 いもち病、風水害、降霜、長雨、台風19号
4 1992 99 576 品質低下
5 1993 79 459 7・8月低温・寡照、冷害、いもち病、
6 1994 105 615 7・8月低温・寡照、いもち病
7 1995 92 534 いもち病、風水害
8 1996 102 596 冷害、風水害
9 1997 103 595 風水害、冷害
10 1998 101 583 いもち病、冷害
11 1999 103 602 いもち病、風水害
12 2000 105 616 フェーン、ジャガイモヒゲナガアブラムシ
13 2001 102 601 豪雪
14 2002 101 600 台風21号
15 2003 92 547 冷害  
16 2004 95 576 台風、風水害、(潮風害) 
17 2005 101 599 豪雪、降雹
18 2006 99 588 7月長雨・寡照
19 2007 101 594 5月低温・寡照
20 2008 104 617  


6)青でハイライトした年、作況指数98以下(やや不良、不良、著しい不良)だけ抜き出してみる ほとんどが冷害または低温による被害だということがわかる。
年度 西暦 作況指数 収量(Kg) おもな被害等
28 1953 97 351 甚冷、豪雨、台風13号、9月低温
46 1971 90 500 異常低温高温寡照、庄内集中豪雨
47 1972 95 529 低温、水害、いもち病発生、晩霜、台風20号
51 1976 92 511 異常低温、冷夏、いもち病、酒田大火
54 1979 98 548 強風、降雹、台風16・20号
55 1980 97 546 異常低温、冷害、大雪
56 1981 92 525 異常低温、冷害、風水害、凍霜害、降雹、台風15号
57 1982 97 553 冷害、降雹、大雨
63 1988 92 536 異常低温、冷害、いもち病、降雹、台風
3 1991 94 547 いもち病、風水害、降霜、長雨、台風19号
5 1993 79 459 7・8月低温・寡照、冷害、いもち病、
7 1995 92 534 いもち病、風水害
15 2003 92 547 冷害  
16 2004 95 576 台風、風水害、(潮風害) 


7)今度は、温暖化に関係のあると思われる暖冬寡雪高温異常高温暖冬フェーン等を抜き出してみる。 一件の例外を除いて、作況指数は平年並み(99)以上である。その一件も、異常低温と高温がある例外的な年である。
年度 西暦 作況指数 収量(Kg) おもな被害等
24 1949 102 352 異常低温・暖冬寡雪、キティ台風、ツマグロヨコバエ異常発生
24 1949 102 352 異常低温暖冬寡雪、キティ台風、ツマグロヨコバエ異常発生
25 1950 107 366 庄内いもち病大発生寡雪突風、融雪洪水
26 1951 99 344 寡雪、大干ばつ、温海温泉大火
30 1955 127 461 庄内・置賜稲青虫大発生、県南大雪異常高温、カラ梅雨
31 1956 116 436 異常高温、大干ばつ、暖冬寡雪
33 1958 104 438 村山地方干ばつ、台風21号、異常高温、暖冬寡雪
34 1959 105 460 伊勢湾台風、暖冬寡雪大降雹
37 1962 102 471 異常高温、置賜干ばつ
46 1971 90 500 異常低温高温寡照、庄内集中豪雨
60 1985 107 613 降霜、降雹、強風、異常高温
62 1987 104 600 暖冬降霜、異常乾燥、大雨
2 1990 100 582 フェーン
12 2000 105 616 フェーン、ジャガイモヒゲナガアブラムシ

結論:
1)温暖化は稲作にとって脅威とは言えない。
2)寒冷化こそ稲作の脅威である。
スポンサーサイト

水稲作況指数と温暖化



1【情報の概要】
作況指数と気温の関係について。冷害こそ、米作にとっての脅威。

2【情報の意味】
作況指数と気温は正の相関がある。つまり、暖かいほうが米作に良い。温暖化は、本当に農業にとって脅威だろうか?

3【情報のソース】
3.3 夏の平均気温と米の収量の関係
http://www.asahi-net.or.jp/~rk7j-kndu/kisho/kisho03.html
作況指数と温暖化
http://chikyuondanka1.blog21.fc2.com/blog-entry-35.html
4【コメント】
グラフ左の説明:米作期の夏の気温偏差と米の作況指数との関係。これは宮城県についての関係であるが、東北6県平均についてもほとんど同じ。+印は天保年間、□印は1975年以後、○印はそれ以前。 (「地表面に近い大気の科学」(東京大学出版会)、図9.1 より転載) 「注目すべきは、気温偏差が-1℃以内なら、収量は約10%以内の減収であるが、それより低温の冷夏年には、気温偏差0.5℃ごとに20%の減収となる。」

グラフ右:作況指数は、近年の寒冷の傾向と一致する。1993年の作況指数74というのは、平成の大凶作の年です。タイ米を緊急輸入した年です。この年は、記録的な冷夏。寒冷化こそ米作の脅威です。

 平成の大凶作の年1993年の6,7,8月のデータを見ると、異常な冷夏だったことがわかる。
1993年   6月-0.50  7月-1.69  8月-1.96
日本の月平均気温平年差(℃)
http://www.data.kishou.go.jp/climate/cpdinfo/temp/list/mon_jpn.html この記録的な冷夏は、フィリピンのピナツボ火山噴火の火山灰の日傘効果による寒冷化が原因といわれています。


Copyright © chikyuondanka
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。