スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

中国サンテック・パワー、NYSEが上場廃止の可能性を通告【太陽光発電】

中国最王手のメーカーも経営は思わしくないようです。EUとアメリカからダンピングで訴えられています。政府の大きな後押しで世界一の太陽光パネル生産量を誇る中国。先行きは暗いようです。
スポンサーサイト

日本の「お手本」ドイツで太陽光発電大きく後退 家庭用中心に電気料金高騰、供給に対する不安も

専門家は、ドイツの太陽光発電推進策は失敗に終わったと総括しています。
「発電電力量に占める割合は電力全体の3.3%」
膨大な投資に対してリターンが小さすぎます。

バイオマスで消費電力の5%創出 政府、20年目標の事業化戦略

バイオマス利用は過去に完全に失敗しています。無駄な公共事業と同じ。


政策効果は「皆無」と判定 資源再生事業で総務省 - 地球温暖化対策
http://chikyuondanka1.blog21.fc2.com/blog-entry-354.html

韓火 ドイツ太陽電池メーカー大手の独Qセルズを買収

火事場泥棒

大阪でメガソーラー建設 ソフトバンク

金持ちの道楽

頻発する太陽電池故障

太陽光発電はメンテナンスフリーというのは大嘘 。
長持ちさせるためにメンテナンスが必要と専門家はいっている 。
しかし、メンテナンスの手法も評価法も確立していない。

苦戦強いられる日本の太陽電池メーカー 再生エネ買い取り制度で参入相次ぐも

太陽光発電バブルのようです。国内生産4割増。輸入製品は3倍以上も増加。海外製品の割合は、29・6%の13万1千キロワットと、前年同期(15・5%)と比較して、ほぼ倍増。このまま行けば、国内産は駆逐される?

堺市の太陽電池工場売却へ=首都圏の拠点も-シャープ

シャープは経営危機に瀕しています。太陽光発電パネルの大工場を建設しましたが、売却するそうです。太陽光発電詐欺に自ら騙された。コスト革命、地球温暖化対策、政府の補助金や電力高値買取。工場建設当時は未来が約束されていたように見えたのでしょう。全てが詐欺でした。もちろん、その当時から太陽光発電は使い物にならなくクズだという学者がいました。建設当時の提灯記事をあわせて引用します。

京セラが太陽光発電所を全国展開へ、2012年度中に15か所以上を稼働

日本のメーカーは、シャープと京セラが2大メーカーのようです。シャープは、台湾に身売りしました。京セラは、パネルが売れないので、自ら発電所建設に乗り出しています。42円という異常な高値買取精度のあるうちに、建設しようと必死のようです。20年買取価格補償ですから、うまく行けば採算があうかもしれない。しかし、ドイツの先例を見れば、数年後には、買取価格も下がり、ブームは終わるでしょう。残るのは、異常に高い買取価格20年補償という負担です。

太陽光発電普及基金を断念

ソロバンをはじけば、税金の投入なしでは普及しません。やる前にやめて良かったですね。パネル価格が下がっているのは、メーカーの過剰生産設備で過剰競争になっているからです。メーカーはドコモ赤字で投げ売りの生き残り競争をしているようです。生産設備の稼働率はどこも低くて採算が取れません。例外は中国ですが、アメリカとEUから不当廉売(ダンピング)認定されています。

メガソーラー県内に続々 各自治体、独自に計画 岡山

失敗しても誰も責任を取らないものが事業主体になれば、業者の口車に乗せられて、甘い見積もりで推進されます。各地で失敗が相次いでいます。税金の使い道はほかにもいくらでもあるのにこういう事が横行するのは、地元業者と自治体の癒着のせいでしょう。

想定の1.3倍も電力を生み出した、川崎市の太陽光発電所

想定を上回る年もあるでしょうし、下回る年もあるでしょう。10年続きで曇天が多い年が続く可能性もあります。お天気まかせの発電量に一喜一憂しても始まらない。太陽光発電はなんの役にも立たないのですから。記事は、性能の向上が原因の一つにしたいみたいですが、無理矢理のこじつけ過ぎます。性能は事前にわかっているので、想定に入っています。

太陽光発電と言う地球温暖化対策目次

学校の屋根が発電所 すべて売電 約40世帯分

各地で自治体による自然エネルギー関連事業が破綻しています。破綻しても誰も責任を負いません。地球温暖化対策やエネルギーの地産地消などの美辞麗句を使った新たな公共事業です。儲かるのは、工事業者。失敗すると税金の無駄遣い。そして、ほとんどが失敗するのです。

ドイツの電気料金は世界一高い。自然エネルギー関係の税金のせい

日本もドイツの後追いをして、自然エネルギー関連の料金が上乗せされ、ドイツに肩を並べる世界一の電気料金になるのでしょうか?

即決ダメ! 太陽光トラブル、過去最多 市場急拡大に比例

悪徳リフォーム企業が太陽光発電に乗り換えているようです。メンテナンスフリー、数年で元が取れるという詐欺的セールストーク。
業者の見積りの検算は難しく、素人には良し悪しの判断ができません。そこにつけこまれているようです。

ソーラーバンク新プラン 初期負担8万円

黒岩知事の暴走が停まりません。
補助金での普及が失敗したので、特定業者支援をするようです。

すでにドイツで失敗した「再生エネルギー買い取り」がスタート

ドイツの失敗の教訓を活かせないで後追いをするバカな日本。

数字が語るメガソーラーの「不都合な現実」

太陽光発電は税込み42円 買い取り価格、経産省調整

太陽光Qセルズの破綻 補助金で経営判断歪む

太陽光関連企業は、補助金がないと破綻します。はじめから多くの人が指摘していたこと。技術革新があれば、コストダウンが進めば、という、「たら」「れば」は、実現しませんでした。はじめから、補助金頼みの火事場泥棒。短期間に急成長して、会社経営陣は高額の報酬を受け取り、補助金がなくなれば会社を潰すつもりだったのでしょう。

ソーラー発電大国・ドイツの落日 収益急減 最大手メーカー破綻

ドイツは、高値買取政策で世界一の太陽光発電の国になりましたが、その政策は失敗に終わったと見ていいでしょう。エネルギー自給率は殆ど変わらず(約1%が太陽光)、雇用促進効果もほとんどなく、景気浮揚効果もなく、電気料金が高くなっただけ。高値買取政策をやめれば、メーカーは破綻するようです。

太陽光パネル 設置10件

黒岩知事は、「太陽光200万戸」を公約に掲げて当選しました。実際にやってみると、たった10件しか出来ませんでした。公約は撤回されました。とんだ大嘘つきを知事に選んでしまいました。

風力発電施設の周辺住民に健康被害

エコで赤字!? ~特別会計の実態~

ホンダが太陽電池で加速!シリコン不要が武器

太陽光発電補助金で電気代はどのぐらい値上がりするか。

英国政府、バイオマス発電を後押し

太陽光発電は経済問題である

風力発電の実態



Copyright © chikyuondanka
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。