スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

近年の寒冷化傾向を示す地球平均気温グラフ

キーワード:地球平均気温、寒冷化、温暖化していない



1【情報の概要】
近年の寒冷化傾向を示す地球平均気温グラフ

2【情報の意味】
グラフは、近年、10年で0.3℃のペースで、寒冷化していることを示す。IPCCによると、『20世紀に0.6℃温暖化した』と言われていますから、かなり急激なペースで寒冷化しているわけです。

3【情報のソース】
Climate Sensitivity Reconsidered
Mean global surface temperature anomalies (°C), 2001-2008
http://www.aps.org/units/fps/newsletters/200807/monckton.cfm

4【コメント】
グラフの説明:ピンクがHadley CRUTが公表している全球平均温度の年変化、青はUAH MSUの公表しているものです。それに対して緑はCO2濃度。
HadCRUT3は、イギリス気象局ハドレーセンターの海面水温データセットHadSST2とイーストアングリア大学気候リサーチユニット(Climate Research Unit)の地表面気温データセットCRUTEM3を合わせてつくられた、陸域海洋の気温データセット。
UAH MSUは、アラバマ大学ハンツビル校(The University of Alabama in Huntsville)の分析によるマイクロ波探索装置(Microwave Sounding Unit)のデータセット

リンク先の論文の要点は、
(1) 地上(Hadley CRUT)・衛星(UAH MSU)をもちいた両観測で、この10年で地球が急激に寒冷化していることが分かった。
(2) 二酸化炭素で地球が温暖化しているという説では10 km上空の温度上昇が予言されているが、気球を使った上空の温度観測では上空は寧ろ寒冷化していた。

まあ、要するに、最近、寒すぎ!ってことですね。
スポンサーサイト


Copyright © chikyuondanka
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。