スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

温暖化対策2日からドイツで作業部会 景気低迷…先進国は失速 主導権うかがう中国

 EU排出権取引市場の排出権価格が不景気で低迷。そこで、CO2削減目標を20%から30%に上げて、価格低下を防ぎ、排出権取引に莫大な投資をしているEUの金融機関を救おうというわけです。

 世界的な流れでは、米国が失速。中国がはしゃいでいるようです。COP15で京都議定書から、大きく後退したわけですから、もう、前進することはなく、このまま、地球温暖化対策は消えてなくなるかもしれません。そうなると、今が地球温暖化対策消滅へのターニングポイントかもしれません。


ここから引用:
温暖化対策2日からドイツで作業部会 景気低迷…先進国は失速 主導権うかがう中国 (2/2ページ)
2010.7.31 20:47
http://sankei.jp.msn.com/life/environment/100731/env1007312051002-n2.htm
 英仏独3カ国の環境担当相は7月15日、連名で欧州主要紙に寄稿し、欧州連合(EU)が20年に90年比20%排出削減する目標を「30%削減に引き上げるべきだ」と提言した。企業が削減目標を達成できなかった場合、埋め合わせに排出枠を購入する排出量取引制度を「EU域内で活性化させる狙い」(経済官庁幹部)とされる。景気低迷による排出量減少に伴い、排出枠価格も低迷しており、取引を手がける金融機関の損失が拡大する可能性も否めないからだ。

スポンサーサイト


Copyright © chikyuondanka
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。