スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「宇宙線が雲を作るメカニズム」の一部を欧州原子核研究機構 CERN が解明

「雲(の要因となるエアロゾル)は大気中の蒸気からできているのではなく、ほとんどが宇宙線により作られていると考えられる」
http://oka-jp.seesaa.net/article/222447948.html

雲の被覆率が1%違えば1℃変わると言われていますので、宇宙線の変動で雲が増減するならば、地球の温暖化や寒冷化は、宇宙線の変動が主因ということになります。この問題に決着を付けるために、CLOUD実験という大ががりな実験が進行しているようですが、とうとうその実験結果が出たようです。

地球温暖化CO2主因説は、これで、ひっくり返ります。なぜなら、宇宙線の効果を未知であるとし、無視しているからです。地球温暖化対策も全て無駄ということが実証されたのかもしれません。詳しいことはリンク先へどうぞhttp://oka-jp.seesaa.net/article/222447948.html
スポンサーサイト


Copyright © chikyuondanka
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。