スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

地球温暖化の科学論争

1)今世紀に入ってから、地球平均気温は横ばいか下降気味。IPCCのシミュレーションは、外れた。(懐疑論)
2)地球平均気温の上昇が止まっているのは、シミュレーションの想定の範囲内の自然の揺らぎ。(肯定論)
3)自然の揺らぎというなら、地球温暖化CO2主因説の根拠、「1970年代以降の気温上昇」も自然の揺らぎで説明できちゃうねぇ。(懐疑論)
スポンサーサイト


Copyright © chikyuondanka
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。