スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ヒマラヤの氷河の融解に関する IPCC 声明(環境省仮訳)


ここから引用:
2010 年 1 月 20 日付
ヒマラヤの氷河の融解に関する IPCC 声明(環境省仮訳)
http://www.env.go.jp/earth/ipcc/4th_rep.html
気候変動に関する政府間パネルの第4次評価報告書の結論となる文書、統合報告書(49頁)では、「気候変動は人口増加や経済的あるいは土地利用の変化(都市化を含む)による水資源への現在のストレスを悪化させると予想される。地域
的なスケールでは山岳部の積雪や氷河、小氷帽が水の利用可能性に重要な役割を果たしている。最近数十年にわたる氷河からの広範な量の消失と積雪面積の減少は21世紀を通して加速すると予測され、水利用可能性や水力発電の潜在的
能力の減少させたり、主要な山脈域(例えばヒンドゥークシュ、ヒマラヤ、アンデス)からの融雪水が供給される、現在の世界人口の6分の1以上が居住する地域の河川流量の季節特性を変化させることになる。」と記述した。
この結論は強固で適切なものであり、基礎にある科学やより広範なIPCCの評価と完全に整合的である。
しかしながら、我々は、この評価の基礎にある938頁からなる第2作業部会報告書のあるパラグラフがヒマラヤ氷河の消える時期や後退率について立証が不十分な推定を参照していることに最近気付いた。問題のパラグラフの草稿作成
において、IPCCの手続において要求されている証拠に関する明確で十分に確立された基準が適切に適用されていなかった。
IPCCの議長・副議長・共同議長は、本件について十分に確立されたIPCCの手続が不充分に適用されたことを遺憾に思う。今回の出来事は、評価の質は「ある情報源の結論をIPCCの報告書に取り入れる前に、それぞれの情報源について
その質と妥当性」を十全にレビューすることを含むIPCCの基準の厳守に依拠していることを示している。我々はこの作業のレベルを保証するという我々の強い約束を改めて確認する。



ここから引用:


(添付)IPCC声明原文

Geneva, 20 January 2010
IPCC statement on the melting of Himalayan glaciers1
The Synthesis Report, the concluding document of the Fourth Assessment Report of the
Intergovernmental Panel on Climate Change (page 49) stated: “Climate change is expected to
exacerbate current stresses on water resources from population growth and economic and land-use
change, including urbanisation. On a regional scale, mountain snow pack, glaciers and small ice
caps play a crucial role in freshwater availability. Widespread mass losses from glaciers and
reductions in snow cover over recent decades are projected to accelerate throughout the 21st
century, reducing water availability, hydropower potential, and changing seasonality of flows in
regions supplied by meltwater from major mountain ranges (e.g. Hindu-Kush, Himalaya, Andes),
where more than one-sixth of the world population currently lives.”
This conclusion is robust, appropriate, and entirely consistent with the underlying science and the
broader IPCC assessment.
It has, however, recently come to our attention that a paragraph in the 938-page Working Group II
contribution to the underlying assessment2 refers to poorly substantiated estimates of rate of
recession and date for the disappearance of Himalayan glaciers. In drafting the paragraph in
question, the clear and well-established standards of evidence, required by the IPCC procedures,
were not applied properly.
The Chair, Vice-Chairs, and Co-chairs of the IPCC regret the poor application of well-established
IPCC procedures in this instance. This episode demonstrates that the quality of the assessment
depends on absolute adherence to the IPCC standards, including thorough review of “the quality
and validity of each source before incorporating results from the source into an IPCC Report” 3. We
reaffirm our strong commitment to ensuring this level of performance.
1
This statement is from the Chair and Vice-Chairs of the IPCC, and the Co-Chairs of the IPCC Working
Groups.
The text in question is the second paragraph in section 10.6.2 of the Working Group II contribution and a
repeat of part of the paragraph in Box TS.6. of the Working Group II Technical Summary of the IPCC
Fourth Assessment Report.
This is verbatim text from Annex 2 of Appendix A to the Principles Governing IPCC Work.
2
3
IPCC Secretariat
c/o WMO • 7 bis, Avenue de la Paix • C.P: 2300 • CH-1211 Geneva 2 • Switzerland
telephone +41 22 730 8208 / 54 / 84 • fax +41 22 730 8025 / 13 • email IPCC-Sec@wmo.int • www.ipcc.ch

関連記事


Comment

(編集・削除用)
管理者にだけ表示を許可

Trackback

URL
http://chikyuondanka1.blog21.fc2.com/tb.php/109-ee8b9b21
この記事にトラックバック(FC2Blog User)
Copyright © chikyuondanka
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。