スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

京都議定書って何?


答え1)
京都議定書とは

1997年12月11日、京都市で「第3回気候変動枠組条約締約国会議(COP3)」が開かれました。この会議の中で議決した議定書のことを、「京都議定書」と言います。
この京都議定書は、1992年に開催されたリオデジャネイロの地球サミットにおいて採択された「気候変動枠組条約(地球温暖化防止条約)」の締約国のうち、先進国(東欧を含む38カ国と欧州委員会)にそれぞれ目標量を示して6種の温室効果ガス削減または抑制を義務づけ、その達成時期を定めているものです。
議定書には、温室効果ガス排出量の削減目標を、1990年を基準年として国別に削減目標数値を定め、世界が協力して約束期間内に目標を達成することが定められました。

※京都議定書で定められた主要各国の削減率(全体を足し合わせると5.2%の削減)
日本:-6% 米国:-7% EU:-8% カナダ:-6% ロシア:0% 豪州:+8%  NZ:0% ノルウェー:+1%
http://www.team-6.jp/about/kyoto_protocol/kyoto_protocol.html



答え2)
京都議定書では、締結国100ヶ国以上の中で実質的な削減義務があるのは日本だけ。不平等条約。
clip_image002_11.gif

 まず現在,世界でCO2を実質的に削減しているのは世界で日本だけ。アメリカは批准せず,カナダは離脱(表では批准せずになっているが,正確には離脱,いずれにしても協定から抜けている)しているし,ヨーロッパは狡く立ち回って増枠を採っている.
さらに,GDP(国民総生産)あたりのエネルギー消費量は日本は断然,少なく,エネルギー消費量がほぼCO2排出量に比例するので,日本はここでもCO2は少ない。

このように,日本は世界で唯一「京都議定書を遵守してCO2を削減しようとしている国」であり,さらに日本は世界でもっとも「GDPあたりのエネルギー消費(ほぼCO2排出量に比例)の少ない国」である.
http://takedanet.com/2009/02/post_7488.html
関連記事


Comment

(編集・削除用)
管理者にだけ表示を許可

Trackback

URL
http://chikyuondanka1.blog21.fc2.com/tb.php/138-06e6b225
この記事にトラックバック(FC2Blog User)
Copyright © chikyuondanka
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。