スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

小沢環境相、特区で温暖化対策推進 2010/6/9 0:10


ここから引用:
小沢環境相、特区で温暖化対策推進 2010/6/9 0:10
http://www.nikkei.com/news/category/article/g=96958A9C93819481E2EAE2E19E8DE2EAE2E4E0E2E3E2E2E2E2E2E2E2;at=ALL
小沢鋭仁環境相は8日の初閣議後、同省内で記者会見し、菅直人首相からモデル都市や特区を設けて地球温暖化対策を推進していくように指示を受けたと述べた。環境相は「国民に見える形で案を作りたい」と具体策の検討を進める考えを示した。参院で審議中の地球温暖化対策基本法案については「当面の最大の課題」として、今国会での成立を目指すことを強調した。


 これはいい案だと思います。エコトピアとか低炭素社会というのは、まずは、小さな規模のパイロットプラントのようなものを作るべきなのです。そこで出てきたデータを十分検討して、日本規模、世界規模に拡大するというのが、当たり前の手順です。

 CO2削減25%、50%、80%市町村、それぞれ、小さい規模でやってみたらいい。

 もちろん、世界を見渡せば、そのような試みはたくさんあるわけです。そして、すべて失敗に終わっていると思います。なぜなら、成功例があるなら、大きなニュースになるでしょうから。たとえば、CO2削減の世界で一番の先進国と言われていたアイスランド(人口32万、発電は、水力80%、地熱20%、火力原子力なし。)は、CO2排出量ゼロ(化石燃料消費ゼロ)を目指した国づくりをしていましたが、経済が破綻しました。
関連記事


Comment

(編集・削除用)
管理者にだけ表示を許可

Trackback

URL
http://chikyuondanka1.blog21.fc2.com/tb.php/177-d9601c3c
この記事にトラックバック(FC2Blog User)
Copyright © chikyuondanka
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。