スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

CO2地球温暖化は、検出されているのか?3

CO2地球温暖化は、地球平均気温からは検出できませんでした。しかし、地球温暖化理論では、地球温暖化は進んでいて、その脅威は日増しに迫っていると言われています。

気温以外に、CO2地球温暖化を検出する指標はあるでしょうか?

温暖化ですから、気温データで明瞭でなくても、世界にある氷=南極、北極、ヒマラヤの氷河などが溶けている。このことから、CO2地球温暖化が検出できないでしょうか?

まず、南極は、氷が溶けているかどうか分からない。溶けて減っているところもあれば、増えているところもある。全体としては、増えているらしい。少なくとも、人工衛星から見た面積は増えているようです。(全体の体積は推定でさえ正確なものはなく、ですから、数字もグラフもなく、科学的な検証ができない)AntarcticAve_1979_2008.png
南極域の海氷域面積の年平均値の経年変化(1979年~2008年)気象庁
http://www.data.kishou.go.jp/kaiyou/shindan/a_1/series_global/series_global.html

南極の氷は増えているかも?ええーーーーー!!!

どこで騙されたのでしょうか?

下記のようなテレビ番組で騙されたんです。

マスゴミは二酸化炭素と地球温暖化を悪者に仕立て上げようと必死である
http://www.youtube.com/user/futureseeds#p/u/4/uf7H7fZgXVA

↑見聞録をいかにも科学的な議論のように言う科学者や研究者が地球温暖化問題ではよく登場します。彼らは詐欺師です。なぜなら、科学的には、データ不足で推定さえできないと言うことを彼らは知っているのにもかかわらず、科学的な根拠にならない見聞録を広めているからです。
正直な研究者は、下記のように言っています。

ここから引用:
研究者の見解:
南極の気温変化は地域的にも高度によっても様々です。「温暖化の顕著な所もあれば、温暖化していないところもある。さらに寒冷化しているところもある。(後略)」
南極昭和基地から
http://www.ikedamachi.net/wp/wp-content/uploads/2008/11/e58d97e6a5b5e38080e698ade5928ce59fbae59cb0e3818be38289ef
bc91efbc92e38080e58d97e6a5b5e381afe6b8a9e69a96e58c96e3819
7e381a6e38184e3828b.pdf

関連記事


Comment

2010.08.05 Thu 23:35  |  

その南極の氷の量のグラフが出ている全く同じページに北極の氷の量のグラフも出ていて、そちらは急激に下がっているのは、都合の悪いデータを無視したのではなくてたまたま気付かなかっただけですよね?

さて、温暖化と南極の氷については懐かしい話を思い出します。まだ今ほど科学的知見が集まっていなかった頃なんですが、槌田敦は「もし仮に温暖化したとしても南極の氷はなくなるどころかむしろ厚くなるはずだ」と言いました(http://data.livex.co.jp/okonomi/9802/top.htmlにも残っていますね)。いみじくも彼は現状を見事に予測していたわけです。氷が厚くなるはずと言って主流の意見を疑い、氷が薄くなるはずだと言って主流の意見を疑う、誠に懐疑論は良い商売です。

ではなぜ北極の氷は薄くなっているのか。つまり気温上昇のかなりを吸収している海水温の上昇が直接的に効く、というのも一つあるでしょうね。南極はその点、大陸の上に乗っているわけですから海水温の変化には鈍感なのです。

  • #-
  • ESD
  • URL
(編集・削除用)
管理者にだけ表示を許可

Trackback

URL
http://chikyuondanka1.blog21.fc2.com/tb.php/189-5c545f9d
この記事にトラックバック(FC2Blog User)
Copyright © chikyuondanka
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。