スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ツバル6

856661766_145.jpg856661766_208.jpg856661766_119.jpg



ツバルの海岸は浸食されているという。その最大の原因と言われているものは、有孔虫の死滅。人口増によるゴミ汚染が原因と推定される。

ツバルの海岸侵食と有孔虫について

ここから引用:
(2)環境問題について
有孔虫は石灰質の殻を持った体長1~2㎜以下の原生生物であり、1年間に数百に分裂して猛烈な勢いで個体を増やす。「星の砂」と言われる白い砂はこの有孔虫の死骸であり、環礁の島々の砂の大部分はこの砂で構成されている。フナフチ環礁ではこうした(ゴミとし尿による)排水汚染による環境汚染で有孔虫の数が激減しており、もはや生息できない場所が広がっている。さらに、ツバルの環礁の中でもフナフチ環礁だけに目立った環境危機が迫っている、とのことである。したがって、海岸浸食と言われるものは、大部分がこの有孔虫の減少によるものであると推測できる。
 Ⅳ.派遣議員団としての所見
http://www.sangiin.go.jp/japanese/kokusai_kankei/oda_chousa/h20/pdf/2-4.pdf


写真
左:ツバルの海岸の砂。たくさんの有孔虫の死骸がみえる
中:有孔虫の死骸の拡大。星の砂
右:ツバルのゴミの山。紙おむつなど
http://ncc1701d.bufsiz.jp/05/05.html
関連記事


Comment

(編集・削除用)
管理者にだけ表示を許可

Trackback

URL
http://chikyuondanka1.blog21.fc2.com/tb.php/235-82b3ee71
この記事にトラックバック(FC2Blog User)
Copyright © chikyuondanka
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。