スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

二酸化炭素地球温暖化仮説と巨大マスコミと学者たち 


ここから引用:
二酸化炭素地球温暖化仮説と巨大マスコミと学者たち(2007.05.22)
http://env01.cool.ne.jp/simulation/report/report01.htm
(前略)私が知っているどの気象学者も海洋学者も実際に測定された二酸化炭素濃度と気温のデータを用いて「人為起源の二酸化炭素が過去100年間の大気温上昇の原因である」と証明できる人はいないのである。「二酸化炭素地球温暖化の完全な説明はコンピュータ以外ではできないということのどこが悪いのか」と居直って「地球の気候問題にも予防原則を採用すればそれで充分だ」というのは人間として正直な態度ではないと私はここで強く主張したい。 (後略)
中本 正一朗 国立工業高等専門学校機構 沖縄工業高等専門学校機械システム工学科教授
1990年以来、(認可法人)海洋科学技術センター(現在のJAMSTEC)において地球流体力学の数値計算モデルの開発。また地球シミュレーター用の次世代海洋モデルの開発事業の1995年度初代責任者.


ずいぶん古い(2007.05.22)論文ですが、私は、この論文を読んで驚いた。信じられなかった。この論文に書いてあることが本当なら、大変なことだ。それに、私はまんまと騙されていることになる。
地球温暖化CO2主因説は、観測で確認できていない?そんな馬鹿なことがあるのか?

この疑問がきっかけでいろいろ調べ始めた。そして、このブログがあるのです。
関連記事


Comment

(編集・削除用)
管理者にだけ表示を許可

Trackback

URL
http://chikyuondanka1.blog21.fc2.com/tb.php/237-b2c2e423
この記事にトラックバック(FC2Blog User)
Copyright © chikyuondanka
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。