スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

<温室効果ガス>「25%削減」国内で少なくとも15%方針


ここから引用:
<温室効果ガス>「25%削減」国内で少なくとも15%方針
http://www.excite.co.jp/News/society_g/20100709/20100710M40.061.html


ここから引用:
http://www.excite.co.jp/News/society_g/20100709/20100710M40.061.html
 環境省は9日、「温室効果ガス排出量を2020年までに90年比で25%削減する」とした中期目標について、国内で少なくとも15%削減するとの方針を示した。残りは海外で支援した温暖化対策による削減分(排出枠)を購入する形で賄う。環境省としての見解だが、この内訳を軸に議論が進む可能性がある。

 同日開かれた排出量取引に関する中央環境審議会の小委員会で、環境省が報告した。

 25%減は、日本が海外からの排出枠と、太陽光発電などによる国内での削減分を合わせて達成する。しかし、政府は「内訳を示すことは外交交渉でマイナス」として明らかにしていなかった。

 一方、環境省は、排出量取引制度について、省エネ製品を製造する企業に優遇措置が取られるかどうかを検討するよう小委員会に要請した。具体的には、こうした企業には、排出枠を多く配分し負担軽減を図ることなどが考えられるという。排出量取引は経済産業省も検討しており、今秋以降に両省の議論を一本化して政府案を決定する。
関連記事


Comment

(編集・削除用)
管理者にだけ表示を許可

Trackback

URL
http://chikyuondanka1.blog21.fc2.com/tb.php/249-0adf7b14
この記事にトラックバック(FC2Blog User)
Copyright © chikyuondanka
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。