スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

CO2排出量は増えている



1【情報の概要】
日本、米国、EUとも、1995年を基準にすると2005年のCO2排出量は増えている。

2【情報の意味】
温暖化の脅威が大声で叫ばれ、温暖化対策に多くの税金(日本は関連予算年間一兆円と言われている)をつぎ込んだにもかかわらず、1995年ー2005年までの10年間に日米欧ともCO2排出量は増えている。途上国も増えていると推定され、世界中で削減している国はほとんどないと言っていい。 CO2削減対策がいかに難しいか、そして高価で無駄と言うことがわかる。

3【情報のソース】
日本で成果を上げたEUの政策宣伝効果
http://premium.nikkeibp.co.jp/em/column/sawa/03/index.shtml

4【コメントや補足説明】
左グラフの説明:基準年が1990年(グラフ赤)の場合、EUはマイナス2%の削減となる。しかし、1995年を基準年(グラフ青)にすると 1.1%の増加となり、基準年の設定だけで印象が大きく変わる
右グラフ:見やすくするために、基準年1990年(グラフ赤)を消して、1995年基準(グラフ青)だけにした。

○○%の削減達成と報道されるのは、日本もEUも排出権取引や森林保護などで数字だけを下げているだけ。数字のマジック。


関連記事


Comment

(編集・削除用)
管理者にだけ表示を許可

Trackback

URL
http://chikyuondanka1.blog21.fc2.com/tb.php/25-34fca97e
この記事にトラックバック(FC2Blog User)
Copyright © chikyuondanka
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。