スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

三菱商事などロシアから初の排出枠取得 310万トン


ここから引用:
三菱商事などロシアから初の排出枠取得 310万トン 2010/8/5 9:45


 【モスクワ=金子夏樹】三菱商事とJX日鉱日石エネルギーは、ロシアの石油大手ガスプロム・ネフチから温暖化ガスの排出枠を取得する。日本企業がロシアから排出枠を取得するのは初めて。膨大な排出枠を抱えるロシアは省エネ設備の導入を進めており、日本にとって中期的に有望な購入先となる可能性もある。

 ロシアの独占天然ガス企業ガスプロムの石油子会社、ガスプロム・ネフチは4日、排出枠のとりまとめを行う国営最大手銀行ズベルバンクから売却の認可を得たと発表した。

 三菱商事などはガスプロム・ネフチがロシア北部ヤマル半島で操業する油田で省エネのノウハウを提供し、見返りに約310万トンの排出枠を取得する。油田開発に伴って発生する随伴ガスの有効活用につなげる。

 住友商事と国際協力銀行もズベルバンクと環境分野で提携し、排出枠取引の案件発掘などを進める方針。ロシアが売却できる温暖化ガスの排出枠は約55億トンに達するとされ、日本企業の関心が高まっている。

 ロシアのメドベージェフ大統領は地球温暖化対策の推進を掲げ、省エネ設備の導入を経済近代化の柱の一つに位置付けている。日本企業などから技術・ノウハウを導入し、主要国で最低レベルのエネルギー効率を高める狙い。

 ズベルバンクは年内にも二酸化炭素(CO2)換算で5000万トン強の排出枠を設定し、先進国への売却に向けた交渉を本格化する。排出枠の売却を希望する国内企業を公募し、大手石油会社や電力、鉄鋼企業など約30のプロジェクトが認可された。

関連記事


Comment

(編集・削除用)
管理者にだけ表示を許可

Trackback

URL
http://chikyuondanka1.blog21.fc2.com/tb.php/252-6317343c
この記事にトラックバック(FC2Blog User)
Copyright © chikyuondanka
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。