スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

クライメートゲート事件を闇に葬ろうとする人々


ここから引用:
(前略)スティーブ・マッキンタイア氏ら懐疑派の急先鋒たちはデータの扱いに間違いがないか確認したいと訴え、再三に渡ってジョーンズ氏らにどの観測ポイントの値を用いたのかといった元データとその解析方法について開示を求め、イギリスの情報公開法に則った請求を重ねてきました。が、煙に巻くような返答しか得られないという状態が何年も続いてきました。

マッキンタイア氏らが望んだように第三者がデータ処理を再現し、その妥当性を確認するのは科学分析の精度を維持するために不可欠なことです。逆に、どのようなデータをどのように処理したかも明らかにせず、結果だけを以て一方的な理屈をこねるのは似非科学そのものです。しかし、マッキンタイア氏らがしつこく情報開示を請求したことについて前回の調査委員長であるオックスバーグ卿は「迷惑行為に及んでいたかもしれない」と言ってのけました。(後略)
酒と蘊蓄の日々
クライメートゲート事件を闇に葬ろうとする人々 (その1)
http://ishizumi01.blog28.fc2.com/blog-entry-587.html
クライメートゲート事件を闇に葬ろうとする人々 (その2)
http://ishizumi01.blog28.fc2.com/blog-date-20100802.html

関連記事


Comment

(編集・削除用)
管理者にだけ表示を許可

Trackback

URL
http://chikyuondanka1.blog21.fc2.com/tb.php/256-412030c2
この記事にトラックバック(FC2Blog User)
Copyright © chikyuondanka
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。