スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

地球温暖化捏造報道・ヒマラヤ氷河消失捏造平成22年1月26日NHKにて報道.

地球温暖化捏造報道・ヒマラヤ氷河消失捏造平成22年1月26日NHKにて報道.
http://www.3gpdb.com/videoy.php?b=VljFE5y9JKN&ceeenhkeavi(ビデオ)

2010年01月26日 (火)おはようコラム 「IPCC地球温暖化報告書に重大ミス」 
http://www.nhk.or.jp/kaisetsu-blog/300/34709.html(記事)

ここから引用:
2010年01月26日 (火)おはようコラム 「IPCC地球温暖化報告書に重大ミス」 

(阿部キャスター)
地球温暖化をめぐる専門家の国際機関であるIPCC・気候変動に関する政府間パネルが3年前に出した報告書で、ヒマラヤ氷河の消失の可能性を述べた記述が科学的根拠のないものだったことが最近明らかになり、波紋を広げています。
嶋津解説委員です。

Q1)ヒマラヤ氷河に関して、IPCCは具体的に何を間違えたのか?
c100126_2-thumb-320xauto-40588.jpg

A1) 問題は第4次評価報告書の中の「ヒマラヤの氷河はこのままでは2035年までにすべて解けて無くなってしまう可能が高い」と言う記述です。
c100126_2-thumb-300xauto-40588.jpg

これに対し、インド政府や氷河の専門家からは2035年という数字に疑問が示され、調査の結果、2035年という数字の出所は、実は10年前にインドのある学者が、雑誌の電話インタビューに対して科学的根拠もないままに気軽に喋った。それが国際NGOのリポートに引用され、それがさらにIPCCの報告書に転載されてしまった、という事実関係が判明しました。たったひとりの学者の無責任な発言に世界中が振り回されたことになります。
c100126_0-thumb-262xauto-40584.jpg


Q2)IPCCはミスを認めているのか・・・?

A2)先週、声明を出してミスを認めました。しかし不注意なミスと言うにはあまりにも重大なミスです。ヒマラヤ氷河は、インド亜大陸や中国大陸を流れる大河の水源ですから、10億人以上の人々の飲料水がなくなってしまうかもしれない。IPCCの見解は、世界的な衝撃を呼びました。
確かに、一部のヒマラヤ氷河が後退縮小しているという現地報告はこれまでもたくさんありました。しかしたった数10年でヒマラヤ氷河が消えてなくなることなどあり得ない。この問題でIPCCと対立してきたインド政府の研究機関が最近出した調査リポートは「ヒマラヤ氷河が全体として縮小している事実はない」と否定しています。
c100126_1-thumb-292xauto-40586.jpg

Q3)この問題でIPCCの権威が揺らぐようになると、地球温暖化交渉にも悪い影響が出てくる恐れがあるのではないか ?

A3)それが心配です。地球温暖化をめぐっては、IPCCに参加している多くの学者は、人類の活動で地球温暖化が起きているという点では認識が一致しています。しかし温暖化による影響被害がどの程度か、深刻さの度合いについては、個々の学者の主張に相当な開きがあります。我々素人としては、IPCCの見解に頼るしかない。IPCCは2013年を目指して第5次評価報告書の作成準備に入っていますが、その科学的見解については、もっと厳しい専門家同士の相互検証が求められるのではないでしょうか。

投稿者:嶋津 八生 | 投稿時間:08:12

関連記事


Comment

(編集・削除用)
管理者にだけ表示を許可

Trackback

URL
http://chikyuondanka1.blog21.fc2.com/tb.php/289-fc38eaeb
この記事にトラックバック(FC2Blog User)
Copyright © chikyuondanka
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。