スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

異常気象:本州北部沖の海水温高いと猛暑 海洋機構が調査

まさか?この異常な高温水域なに?原発の温排水?
1580039917_124.jpg

1580039917_244.jpg



ここから引用:
日本近海の海面水温異常が日本の夏に強い影響を及ぼす事を発見
~偏西風を北上させると猛暑に、偏西風を南下させると冷夏に~
http://www.jamstec.go.jp/j/about/press_release/20100910_2/

異常気象:本州北部沖の海水温高いと猛暑 海洋機構が調査
http://mainichi.jp/select/wadai/news/20100910k0000e040059000c.html



ここから引用:
異常気象:本州北部沖の海水温高いと猛暑 海洋機構が調査
http://mainichi.jp/select/wadai/news/20100910k0000e040059000c.html
 本州北部沖の海水温が異常に高いと猛暑に、低いと冷夏になりやすいことを、海洋研究開発機構(神奈川県横須賀市)の研究チームが突き止めた。猛暑だった今年も、5月末~6月上旬には海水温が平年より高い状態が発生していた。チームは「夏の異常気象を2~3カ月前に正確に予報する判断材料になる」としている。米気象学会誌電子版に10日掲載された。【山田大輔】

 同機構の中村元隆主任研究員(気候力学)らは、1958~2002年の日本近海の水温データを分析し、夏の異常気象との関係を調べた。

 その結果、猛暑の年には6月ごろから三陸沖-北海道東方沖に平年より0.5度以上高い海域が徐々に出現。7月には本州北部から東へ5000~6000キロの帯状の高温海域に成長し、9月ごろまで続くことが分かった。

 猛暑の年は、高温海域で暖められた下層大気の影響で、上空の偏西風が北にずれると考えられる。その結果、日本列島に南から暖かく湿った空気が入りやすくなり、気温上昇をもたらすという。冷夏の年は逆に、長い冷水域が出現し、偏西風が南下して北からの冷たい空気を招く。

 中村研究員は「日本周辺の偏西風の変化は、北半球全体の偏西風の蛇行に影響を与え、世界的な異常気象に関係している可能性もある。今後詳しく調べたい」と話す。
関連記事


Comment

(編集・削除用)
管理者にだけ表示を許可

Trackback

URL
http://chikyuondanka1.blog21.fc2.com/tb.php/304-c9a737c5
この記事にトラックバック(FC2Blog User)

マグロの怪

 だいぶ以前に、亡父が当地・釧路へきた昭和の初期、寒流が流れている、この沖合で本マグロが獲れに獲れて、その処理に困って、道ばたにコロゴロ横たわっていたということを書きま...

  • つき指の読書日記by大月清司
  • 2010.09.18 06:05

写真点描・スイート十勝 2

 こういう新観光地、柳月製菓の「スイートピアガーデン」をかぎつけるというか、探し出すのは、愛妻(笑)フラフラ賢夫人(笑)の得意技(笑)ですよ。どういうルートで行くのか、...

  • つき指の読書日記by大月清司
  • 2010.09.19 22:06
Copyright © chikyuondanka
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。