スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

東京都「温室効果ガス排出総量削減義務と排出量取引制度」


ここから引用:
東京都クレジットについて
http://www.energygreen.co.jp/tokyo_municipal_ordinance.html
東京都では環境確保条例の改正にともない、2010年4月から都内の主要な事業者に対して CO2の削減義務 (6%~8%) が課せられます。もちろん自分で努力して削減するのが一番ですが、それでは間に合わないという事業者は以下の東京都クレジットを購入して、削減分に充当することが認められています。

* (1) 他社剰余分:他の事業所が義務以上に削減した分を購入
* (2) 都内中小クレジット:都内の中小企業で省エネなどで削減した分を購入
* (3) 再エネクレジット:グリーン電力証書とグリーン熱証書を購入
* (4) 都内クレジット:東京都外の大規模施設による省エネなどによる削減分を購入

グリーン電力の中でも、太陽光発電、風力発電、1000kWh以下の小水力発電は削減効果を 1.5倍価値としてカウントすることができます。削減事務の第一期間は2010年から2014年まで、期間の終わりに近づくほd、クレジットの購入は難しく高コストになることが予想されますし、第二期間には、より厳しい削減義務が課せられることになります。

tokyo_03.jpg

関連記事


Comment

(編集・削除用)
管理者にだけ表示を許可

Trackback

URL
http://chikyuondanka1.blog21.fc2.com/tb.php/323-b4f2f81a
この記事にトラックバック(FC2Blog User)
Copyright © chikyuondanka
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。