スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

日本各地で記録的な大雪や寒波=太陽活動の異常低下が原因か

日本各地で記録的な大雪や寒波によって、停電などの被害が出ています。

また、太陽活動は、約100年ぶりの異常低下

気温研究の権威、近藤 純正 理学博士 東北大学名誉教授の太陽活動と気温の関係の研究を以下に引用します。



ここから引用:
「黒点相対数の時系列と気温の時系列を見比べてみると、気温と黒点数が同期しているように見える。図の上のほうに赤丸印をつけたところは気温の極大期と黒点の極大期がよく対応している。
1880~2006年まで126年間に黒点極大期が12回あり、そのうちの8回(67%:上図)、または7回(58%:中図)が対応しており、極大-極小の気温差は0.5℃ 程度である。」


要約(黒点数との関係)
太陽の黒点相対数と気温変動が同期する時代があり、高緯度(北海道)ほど相関係数が高い。1910~1955年の相関係数は約0.6~0.7であり、気温変動の幅は約0.5℃(3年または5年移動平均値)である。この数値は大きく、長期予報に活かすことができる。ただし、3年または5年移動平均の気温であり、年ごとというよりは数年程度の期間について高温期~低温期の予知に役立つ(図40.6、図40.7(b))。
http://www.asahi-net.or.jp/~rk7j-kndu/kenkyu/ke40.html



0.5℃の気温変動というのは、過去100年の気温上昇を打ち消すほどの大きさです。そして、地球温暖化理論CO2主因説では、このような太陽活動による気温変化をほとんど考慮していません。

今後、太陽活動がさらに不活発になれば、0.5℃ではなく、1-2℃の気温低下=氷河期の到来になるかもしれません。

関連記事


Comment

(編集・削除用)
管理者にだけ表示を許可

Trackback

URL
http://chikyuondanka1.blog21.fc2.com/tb.php/339-ab4c7d55
この記事にトラックバック(FC2Blog User)
Copyright © chikyuondanka
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。