スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

CO2排出量、中国が3年連続世界一 インド、初の3位

 中国の二酸化炭素(CO2)排出量が2009年に68億トンに達し、2位の米国との差を広げて3年連続で世界最大になった。世界の排出量の約4分の1を占めた。インドもロシアを抜いて初めて3位に浮上。新興国に温暖化対策を求める声がますます強まりそうだ。

 国際エネルギー機関(IEA)が公表した統計によると、09年の世界全体の排出量は290億トン(前年比約1%減)。中国は前年より5%増で、米国は7%減の52億トンだった。両国の差は、中国が初めて米国を上回った07年の約3億トンから、2年で約16億トンにまで広がった。中国経済は引き続き成長を続けており、今後も差は広がりそうだ。日本は前年比5%減の11億トンでロシアにつぐ5位。

 世界金融危機の影響などで、欧米や日本など先進国が排出量を減らす一方、先進国に温室効果ガスの削減義務を課す京都議定書で削減義務を負わない中国、インド、ブラジル、南アフリカの新興4カ国の割合が初めて全体の3割を超えた。




Comment

(編集・削除用)
管理者にだけ表示を許可

Trackback

URL
http://chikyuondanka1.blog21.fc2.com/tb.php/400-70e6d115
この記事にトラックバック(FC2Blog User)
Copyright © chikyuondanka
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。