スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

産廃業者が補助金を不正受給

10月14日 13時54分
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20111014/t10013261411000.html
京都市の産業廃棄物処理業者が、うその写真を使って、廃棄物から燃料を作る装置を設置していると偽り、環境省の補助金およそ1億1千万円を不正に受け取っていたことが会計検査院の調べで分かりました。


補助金を不正に受け取っていたのは、京都市南区にあった産業廃棄物処理会社で、廃棄物から燃料を作る事業を始めるとして、温暖化防止を進める施設整備に補助を出す環境省の制度を利用して、おととし8月、およそ1億1千万円を受け取りました。しかし会計検査院が、去年工場を検査したところ、燃料を作るのに必要なガス精製装置や脱臭装置が整備されておらず、工場も稼働していなかったということです。会計検査院によりますと、補助金の申請をする書類には、工場の建物の写真と一緒に、別の工場で撮影したガス精製装置などの写真が添付されていたということです。補助金の審査では必要に応じて現地調査をすることになっていますが、環境省は現地調査をせず、書類審査だけで補助金を出していたということです。この会社の元社長は会計検査院に対して、「東京のコンサルタント会社に誘われて事業を始めた。補助金の申請や機械の手配はコンサルタント会社がしたが、機械が納入されず、工場を稼働できなかった」と話しているということです。会計検査院の指摘を受けて、環境省は不正に支払った補助金を返還するよう会社側に求めています。

関連記事


Comment

(編集・削除用)
管理者にだけ表示を許可

Trackback

URL
http://chikyuondanka1.blog21.fc2.com/tb.php/409-b55613d3
この記事にトラックバック(FC2Blog User)
Copyright © chikyuondanka
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。