スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

東京都と区から合わせて約100万円の補助金

事情のよく分かっている、この問題に大きな責任を負っていると思われる大の大人のよた話。書いている本人は気の利いた文章を書いているつもりだろうが、クソBBAがぶりっ子しても気持ち悪いだけだ。こんなよた話している暇があったら、まじめに太陽光発電推進反対の強力な論陣を張り給え。お前、税金を100万円無駄遣いしただろ?100万円返せ!日本全体では、一体何兆円の無駄遣いになるんだ???こういう事情をよく知っている責任者が責任を果たさないから、日本がおかしくなるのです。無責任なクソBBAは、早く引退するように。正義感のかけらも感じることができません。正義感に燃えてなにかやれとは言わないが、欠片もない。本当に恥ずかしい人間ではないでしょうか?オレが20代だったら、殺意を覚えるし、未来に絶望するだろうな。こういう老害が若者の未来を食いつぶしているのです。ばかやろう!



頭上の太陽光パネルに思う―いじらしさと気まぐれにどのように向き合うべきか
http://agora-web.jp/archives/1437721.html
http://www.gepr.org/ja/contents/20120305-01/

以下引用

一昨年自宅を新築した際には、迷うことなく太陽光発電を導入した。初期投資額の大きさ(工事費込み304万円)には少々尻込みしたが、東京都と区から合わせて約100万円の補助金を受けられると聞いたこと、そして何より「環境に良い」と思って決断した。正確に言えば、思考停止してしまった。



しかし、実際に設置してわかったのは、太陽光発電は、少なくとも現在の技術では「自立した発電手段ではない」ということだ。

はじめから知ってたくせによく言うよ。

結局のところ、太陽光発電は、時間帯や気象条件に関わらず電力を安定供給できる他の大規模電源か、大型蓄電池などのバックアップ電源がなければ、活用できない発電手段なのだ。これでは、燃料費の節減はできても、発電設備の削減はできない。二重の設備投資が必要となる。



2010年年3月の経済産業省・次世代送配電ネットワーク研究会によると、太陽光発電を2800万kW導入した場合、最も安価な対策でも1兆3600億円の系統安定化対策費が必要という試算がなされている。



政府が固定価格全量買取制度を今年7月から導入するなどして、「今の技術レベルの」太陽光発電を普及させようとしていることには反対せざるを得ない。



言っていることは、非の打ち所がないほど正しいと思います。
やっていることは無責任。詐欺師。
関連記事


Comment

(編集・削除用)
管理者にだけ表示を許可

Trackback

URL
http://chikyuondanka1.blog21.fc2.com/tb.php/433-38d2fc72
この記事にトラックバック(FC2Blog User)
Copyright © chikyuondanka
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。