スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

太陽光発電補助金で電気代はどのぐらい値上がりするか。

太陽光発電の補助金の財源を電気代に上乗せしようとする計画があります。その場合、どのぐらいの値上がりになり、どのぐらいの太陽光発電装置が増え、どの程度のCO2削減になるかをモデルケースで概算します。(本来は国がやって、国民に説明すべき事柄ですが、やらないので私がやってみるわけです)

補助金の額は、1KW当たり国は7万円、その他に地方自治体が2万円ー10万円。両取りが可能な場合もある。ダメな場合があるのかどうか調べてもよくわからない。ここでは、標準的な3.5KWで25万円とします。

日本の世帯数を4000万軒とします。電気料金を月8000円としてみましょう。

電気料金の値上げは、4000円、50%の値上げとします。
電気料金は、月1万2000円になります。

値上げで分の日本全国の総額は、
4000円X4,000万件X12ヶ月=1兆9,200億円/年(値上げ総額)

太陽光発電3.5KW(約250万円)に対して、25万円の補助を出したとします。
どのぐらい増えるか。
1兆9,200億円÷25万円=768万セット分/年(補助金での太陽光発電増設分)

日本全体の太陽光発電支出(補助金を含む)は、一台250万円ですから、
250万円X768万セット分/年=19兆2000億円/年(年間太陽光発電投資額総額)

全体での太陽光発電電力KWを求めます。
3.5KWX768万セット分/年=2700万kW/年

年間で発電される量は、稼働率を12%として、
2700万kW・8760h・12%=280億kWh(年間発電量)

削減できるCO2量を計算します。
1kWh当たりのCO2は、0.35kg/kwh
0.35kg/kwh280億kWh=1000万トン/年(年間削減量)

日本全体のCO212億トンですから、削減%は、
1000万トン÷12億トン=0.8%/年 ←はぁ?たったこれだけ?4000円も多く払ったのに。

結論:電気料金を約50%(4000円)値上げすると、
1)1年に0.8%のCO2削減が達成される(CO2削減のエース、太陽光発電の実力はこんなもの)
2)補助金での太陽光発電増設分は、768万セット分/年(こんなに増やすの?こんなに買う人がいるかな?)
3)上記の増設分の総額は19兆2000億円/年(これだけの投資額に対して、0.8%の削減って、、、。)

排出権を買ったほうが安いと言うのはこういう計算から出てくるのです。

さらに、この補助金制度は、社会的に大きな問題を含んでいます。
1)太陽光発電を設置できる少数の裕福層への補助金は、多数の中層または貧困層が支えることになる。
2)地理的に設置で切るできないがあり不公平
3)設置者にとっては投資行為という面を持つが、投資が回収される見込みはあやしい(途中で壊れるかもしれない)

注1)補助金の財源を電気料金上乗せではなく、税金からという案もあります。しかし、負担額はこの概算と同じことです。また、電力会社の高値買取制度の逆さやを電気料金に上乗せすることにもなっており、そちらの方は、500円の負担増という試算が出ました。
注2)この試算は、どこかのブログで見かけたのを改造してメモしてあったのだが、どこのブログだかわからなくなってしまいました。
関連記事


Comment

(編集・削除用)
管理者にだけ表示を許可

Trackback

URL
http://chikyuondanka1.blog21.fc2.com/tb.php/44-25d786c3
この記事にトラックバック(FC2Blog User)
Copyright © chikyuondanka
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。