スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ソーラーバンク新プラン 初期負担8万円

黒岩知事の暴走が停まりません。
補助金での普及が失敗したので、特定業者支援をするようです。

 県は10日、住宅用の太陽光発電装置を安価に提供する「かながわソーラーバンクシステム」の新プランを発表した。初期負担8万円で発電装置を設置できるプランが登場した。黒岩知事は「この『8万円ポッキリプラン』は画期的だと思う」と期待感を示した。

 このプランは「DMM.com」(東京都渋谷区)が提供。初期費用8万円で設置した発電装置で発電した電気のうち、自家消費分を除いた余剰電力を同社が10年間、売却して設置費用の回収と利益に充てる。初期費用は4年間で回収できる計算だという。ただ、同社が発電装置を設置する屋根の向きなど、事業採算性を考慮してプランが実現できるかどうかを判断する。

 このほか、工場や倉庫に設置する初の産業用プランなど計65プランも紹介された。

 一方、学校の校舎や県有施設の屋根を民間事業者に貸し出し、太陽光発電パネルを設置する「屋根貸し」事業については、4事業者が対象の全20施設に設置することが決まった。事業者から徴収する「屋根貸し料」は年間496万円を見込んでいる。

(2012年7月11日 読売新聞)


関連記事


Comment

(編集・削除用)
管理者にだけ表示を許可

Trackback

URL
http://chikyuondanka1.blog21.fc2.com/tb.php/442-081e1687
この記事にトラックバック(FC2Blog User)
Copyright © chikyuondanka
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。