スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

温室効果ガス削減 達成できない状況

鳩山お花畑首相の国際公約が反故になるそうです。無責任な公約を無責任に反故にするという二重の無責任です。地球温暖化詐欺を認め、地球温暖化対策をただちに中止すべきでしょう。

9月15日 6時48分

http://www3.nhk.or.jp/news/html/20120915/k10015041421000.html
原発事故を受けた政府の新しいエネルギー政策で、2020年までに温室効果ガスの削減率が5%から9%にとどまる見通しが明らかになり、政府が国際的な公約として掲げていた25%削減するとした目標は事実上、達成できない状況になりました。

地球温暖化対策を巡って、政府は3年前の平成21年、温室効果ガスの排出量を1990年に比べて2020年までに25%削減するという中期目標をつくり、国連にも提出しています。
この目標は原発9基の新設などを想定していましたが、14日、政府が決めた原発事故を受けた新しいエネルギー政策では、火力発電への依存が高まり、原発の再稼働が確実ではないことなどを理由に、2020年時点の削減率は5%から9%にとどまる見通しが明らかになりました。
政府は、省エネや再生可能エネルギーを推進し、排出量の削減を進めたいとしていますが一気に削減する対策は見つかっていないため、国際的な公約として掲げていた25%削減するとした目標が事実上達成できない状況になりました。
削減率を巡って国際社会では、ヨーロッパなどを中心に目標をさらに引き上げるべきだとする意見が出ています。
政府は「実現は難しくなったが、公約を撤回すると決めたわけではない」としていて国際社会にどう説明するのか検討したいとしています。


関連記事


Comment

(編集・削除用)
管理者にだけ表示を許可

Trackback

URL
http://chikyuondanka1.blog21.fc2.com/tb.php/475-f7d1447a
この記事にトラックバック(FC2Blog User)
Copyright © chikyuondanka
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。