スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

温暖化対策法案 環境省、廃案を検討

2012/10/1 0:02
http://www.nikkei.com/article/DGXNASFS28055_Q2A930C1NN1000/
 環境省は先の通常国会で継続審議になった地球温暖化対策基本法案を廃案にする検討に入った。

法案は「2020年までに温暖化ガス排出量を1990年比25%減らす」との目標を明記しているが、政府の中長期のエネルギー戦略と整合性が取れなくなった。

 国内排出量取引制度の創設、環境税の導入、再生可能エネルギーの全量買い取り制度の導入が法案に盛り込まれた。環境税と全量買い取り制度は与野党協議で導入が決まった。

 政府は9月、中長期のエネルギー・環境戦略で30年代に原発稼働をゼロにする方針を掲げた。一方で、同戦略は温暖化ガスの排出量について「30年時点でおおむね2割削減する」とした。原発の新増設を前提にした法案の「25%削減」とは整合しない。環境省は「廃案にして数値を新たに作るか、与野党で修正協議するか。何らかの対応が必要だ」としている。


関連記事


Comment

(編集・削除用)
管理者にだけ表示を許可

Trackback

URL
http://chikyuondanka1.blog21.fc2.com/tb.php/479-57427234
この記事にトラックバック(FC2Blog User)
Copyright © chikyuondanka
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。