スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

暑い!寒い!寒い!ニュースと警報

下記に引用したのは、13日と14日のニュースです。
気象庁によると、3月の世界平均気温は、記録のある100年以上の間で一番高温だったそうです!温暖化は確実にやってきます。温暖化対策に努力しないといけません。
一方、日本の農家は、3月の低温や霜害で被害を受けているようです。大変です!
また、気象庁は、4月としては、14年ぶりになる低温情報を出しました!14日から17日ちょー寒くなりそうです!大変です!寒いです!気象庁も忙しいです!暑い!寒い!いろいろ情報を出しています。

ということで、100年後の地球温暖化の脅威のために地球温暖化対策に力を入れながら、同時に低温と寒冷化に十分注意しなければなりません!私は、そんなに器用ではないので、どちらか一方にして欲しい!「二頭追う者は一頭も得ず」と昔から言うじゃないですか。。。

でも、実は、三つのニュースの中に、一つ嘘があるんじゃないでしょうか?


ここから引用:

3月の世界の平均気温、温暖化で?過去最高  4月14日18時42分配信 読売新聞
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100414-00000926-yom-soci
 3月の世界の平均気温が統計を取り始めた1891年以降、最も高かったことが分かった。
 気象庁が14日、発表した。
 同庁によると、世界の平均気温は、陸海上約1300の観測点の気温データを基に算出され、今年3月の気温は、平均で平年より0・44度高く、過去最高だった2002年(プラス0・43度)を上回った。
 地球温暖化や、昨年から南米ペルー沖の赤道付近で発生しているエルニーニョ現象の影響とみられ、陸上では北アメリカ大陸北部や西アジアで、海上では赤道域を中心とする広い範囲で気温が平年を上回った。
 3月の平均気温を長期的に分析すると、100年あたり0・8度のペースで気温が上昇しているという。



ここから引用:
14~17日、全国的に低温予報 気象庁が注意呼びかけ 2010年4月13日12時44分
http://www.asahi.com/national/update/0413/TKY201004130246.html
 気象庁は、14~17日に北海道から九州にかけての広い範囲で気温が平年より5度近く下がるとする予報を発表した。農作物が霜などによる被害を受ける恐れがあり、同庁は注意を呼びかけている。
 また、北日本では14日にかけて風が強まり、東北日本海側では陸上で最大風速が20メートルに達すると予想される。このためJR東日本は特急「あけぼの」(青森―上野)の上下線など、13日午後から深夜にかけて出発する夜行列車計7本を全区間で運休すると発表した。




ここから引用:
全国的に低温、日照不足/農作物の被害拡大 生育遅れや凍霜害 掲載日:10-04-14
http://www.nougyou-shimbun.ne.jp/modules/bulletin0/article.php?storyid=949
 3月からの低温や日照不足の影響で、全国的に農作物の生育遅れや霜害が発生している。ダイコン、キャベツ、イチゴなどの生育が3~10日遅れ、市場への入荷量が平年を大きく下回る状況。果樹や茶には凍霜害が発生しているほか、開花期を迎えた桃などは花落ちが心配される。14~17日は気温が全国的に平年を5度前後下回る見込みで、農水省は低温対策への注意を呼び掛けている。

 日本農業新聞がまとめた農作物の生育・被害状況によると、梅、柿、キウイフルーツ、茶などに凍霜害が発生した。



関連記事


Comment

(編集・削除用)
管理者にだけ表示を許可

Trackback

URL
http://chikyuondanka1.blog21.fc2.com/tb.php/50-4cfbbd82
この記事にトラックバック(FC2Blog User)
Copyright © chikyuondanka
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。