スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

火山活動と寒冷化と凶作



アイスランドの火山噴火に伴い、冷夏大凶作の可能性についてマスコミが伝えている。

ここから引用:
「実際、この異常気象が招いた食糧不足はフランス革命をもたらす。また日本の天明の大飢饉(ききん)も、同じ年の浅間山噴火とともにラキ火山の噴出物の影響によるといわれている」(毎日新聞)
http://mainichi.jp/select/opinion/yoroku/news/20100417k0000m070124000c.html
「1783年のラキ火山の噴火が有名。気温低下によって大規模な飢饉が起き、フランス革命のきっかけになったとの説もある」(スポニチ)
http://www.sponichi.co.jp/society/flash/KFullFlash20100417086.html


しかし、なぜ、マスコミは、直近の1993年の平成の大冷夏、大凶作について語らないのだろう。
1993年の全国の平均作況指数は、74、東北平均57、宮城県だけに限れば、37という悲惨なものであった。

これは、1991年、フィリピンにあるピナツボ火山の噴火によって巻き上げられた火山灰が日光をさえぎり(日傘効果)地球が寒冷化したためだった。


日本の気温研究の大家、近藤純正東北大名誉教授は、ピナツボ火山の噴火後、1991年、1992年と農業専門誌上において、冷害の可能性を警告していた。
近藤教授によると、「1980年から、日本は6-8月の気温が「寒冷時代」に突入」しているようなので、冷害に特別な注意が必要なのだ。(地球温暖化の話と矛盾するなぁ。)
1993年の大冷夏、80年ぶりの大凶作
http://www.metsoc.jp/tenki/pdf/1994/1994_08_0465.pdf

近藤教授の予言と警告が、農業関係者にどのように受け止められたのか、私は知らない。しかし、日本政府はまったく何の手も打たず、マスコミも無視した。

そして起こった大凶作と米騒動。タイ米を緊急輸入し、それが路上に捨てられる、豚のえさになる。日本政府の要請を快諾し、在庫米のすべてを日本に輸出したタイの人々はどう思ったのか。同じ米民族なら、その気持ちはわかるであろう。

この失態をまた繰り返すのか?日本政府の貯蔵米など当てにならぬ。量が少なすぎる。かびている。そのカビ米を工業米に回したつもりが、食用に回っていたというカビ米騒動。

日本が今後、注目すべきは、この寒冷化の可能性であり、その情報収集であろう。しかし、それを知らせるマスコミはない。

もうひとつ付け加えると、冷夏になれば、CO2濃度が減少します。なぜなら、CO2が増えるから温暖化するのではなく、温暖化するからCO2が増えるのだから。

参考:どこへ行った?CO2?
http://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/study/9467/1212960590/l50

上のグラフの説明:1980年頃から「寒冷時代」に入っている。米の不作凶作になる可能性が大きい。これは、6-8月の気温が低いからである。
中間のグラフの説明:ピナツボ火山の噴火の後に地球平均気温が下がった
関連記事


Comment

2010.08.09 Mon 01:28  |  

この七月の全球平均気温について調べてみました。
http://www.ncdc.noaa.gov/sotc/

---------------------------------------
Selected Global Highlights for June 2010
The combined global land and ocean average surface temperature for June 2010 was the warmest on record at 16.2°C (61.1°F), which is 0.68°C (1.22°F) above the 20th century average of 15.5°C (59.9°F).
(略)
It was the warmest April–June (three-month period) on record for the global land and ocean temperature and the land-only temperature. The three-month period was the second warmest for the world's oceans, behind 1998.
---------------------------------------
7月としては史上最も高かったそうですね。

もちろん全球平均気温の予測はむずかしい。当たらなかったこと自体は特段に非難すべき理由とはなりません。ただ、あれだけ寒冷化方向に働きそうなイベントがあったにも関わらずこの気温というのは、やはり気候変動懐疑派に何らかの再考を促すものではないかなとは思いますね。

  • #-
  • ESD
  • URL
(編集・削除用)
管理者にだけ表示を許可

Trackback

URL
http://chikyuondanka1.blog21.fc2.com/tb.php/53-b55ee162
この記事にトラックバック(FC2Blog User)
Copyright © chikyuondanka
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。