スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「第2の普天間になる」と野党 温暖化対策基本法案が国会審議入り  (1/3ページ)


ここから引用:
「第2の普天間になる」と野党 温暖化対策基本法案が国会審議入り  (1/3ページ)
2010.4.20 23:00
http://sankei.jp.msn.com/life/environment/100420/env1004202304001-n1.htm
 温室効果ガス排出量を2020年までに1990年比で25%削減する中期目標を盛り込んだ地球温暖化対策基本法案の審議が20日、衆院本会議で始まった。鳩山由紀夫首相は「社会のあり方を変えよう」と呼びかけ、法案の早期成立に強い意欲をみせた。だが、自民党は25%削減を「非現実的」(谷垣禎一総裁)として対案を提出。実際に排出削減に取り組む産業界からも反発の声があがっている。法案審議の難航は必至だ。

 「第2の普天間になる。自分で自分の首を絞めることになるのではないか」

 野党の先陣を切って質問に立った小野寺五典議員(自民)は、政府案の25%削減目標を立ち往生する米軍普天間飛行場移設問題にたとえ、「スローガンだけ」と切り捨てた。

 法案の柱となる25%削減目標は「すべての主要国が公平で意欲的な温室効果ガスの削減目標で合意すること」を前提条件にしているが、各国間の溝は深く合意の見通しが立っていないためだ。今年末にメキシコで開催される国連気候変動枠組み条約第16回締約国会議(COP16)でも大きな進展は見込めず、25%削減目標は宙に浮く可能性が高い。

 自民党とは別に対案を今国会に提出した公明党は、25%削減目標を掲げる点では政府案と通じるが、他国の動向次第で目標を決める政府の姿勢を「主体性が無さすぎる」(斉藤鉄夫政調会長)と厳しく批判した。


ここから引用:
「第2の普天間になる」と野党 温暖化対策基本法案が国会審議入り  (2/3ページ)
2010.4.20 23:00

 野党側はまた、25%削減のうち海外からの排出枠購入に頼らず国内対策だけで実現する「真水」の占める割合をただした。しかし、鳩山首相は国際交渉の駆け引きを理由に「ひかえさせてもらう」と明らかにしなかった。半面、25%削減に向けて法案に盛り込んだ国内排出量取引制度や地球温暖化対策税(環境税)などについては「強い決意を持って制度設計にあたる」と前のめりの姿勢を示した。

 産業界や労働団体の一部は、過度な温暖化対策が実施されれば生産拠点が海外に流出するほか、暮らしへの負担も大きくなることに強い懸念を表明している。政府は審議の過程で真水や環境対策の経済影響を明確にすることが求められる。

◇            ◇

 地球温暖化対策基本法案に対する産業界の不満は大きい。政府が25%削減目標のうち国内だけで達成する削減分(真水)分を示そうとせず、日本経済にどのような影響を与えるのか、どのような政策で実現しようとしているのかも明らかにしていないためだ。

 国内主要産業のうち、最多となる約4割の二酸化炭素(CO2)を排出する鉄鋼業界では、政府案について「経済、雇用に与える影響が明らかにされておらず、実現可能性も不透明だ」との批判が強い。




ここから引用:
「第2の普天間になる」と野党 温暖化対策基本法案が国会審議入り  (3/3ページ)
2010.4.20 23:00

 鉄鋼業界が危機感を強める背景には、排出量の削減余地が乏しいことがある。業界では1970年代の石油危機以降、世界に先駆けて生産工程で発生するガスの回収など省エネルギーを進めてきた。現在、主要な省エネ設備の普及率はほぼ100%で、エネルギー効率は世界最高水準だと自負する。

 地球環境産業技術研究機構(RITE)によると、鉄鋼1トンを作るのに必要なエネルギーは日本を100とした指数でみると、ロシア136▽中国129▽インド132-などとなっている。仮に日本と同程度の省エネ設備を世界に普及させた場合、年間3・4億トンのCO2(日本の年間排出量の約4分の1に相当)が削減できるという。

 こうした現実を踏まえずに日本で規制を強化すると、世界の需要を満たすために効率化の進んでいない中国などが増産すれば世界全体の排出量は増えてしまう。また、日本の生産拠点が海外に流出する可能性もある。

 こうしたことから、自民党が掲げる「2005年比15%削減」について、産業界からは「厳しいが、専門家の分析に基づいており、国民や産業界も議論に参加した上で出された数字なので、納得できる点はある」と評価する声も出るほどだ。
関連記事


Comment

(編集・削除用)
管理者にだけ表示を許可

Trackback

URL
http://chikyuondanka1.blog21.fc2.com/tb.php/54-c199d43d
この記事にトラックバック(FC2Blog User)
Copyright © chikyuondanka
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。