スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

温暖化するとマラリアの分布地域が広がりますか?

malariamap.gif
Q)温暖化するとマラリアの分布地域が広がりますか?

答え1)
熱帯性の伝染病であるマラリアやデング熱の分布域が広がる可能性が挙げられます。高熱がでる伝染病であるマラリアの原因となっている原虫を媒介する主要なハマダラカは、現在、暖かい沖縄県南西諸島に限って生息していますが、気温が上昇すれば、生息地を九州や本州にも広げる可能性があります。(引用文献*4)
*4 環境省地球温暖化問題検討委員会 温暖化影響評価ワーキングループ「地球温暖化の日本への影響2001」 2001年

地球温暖化問題について
http://www.jccca.org/content/view/1132/766/





答え2)
現在のマラリアの分布が,どのような条件とそれらの作用過程によって決まっているのか,現状ではほとんど明らかでない。したがってこのような数値予測(IPCCの温暖化予測)は,可能性を考えての警告の意味が強いものであるにせよ,生態学的には,まだほとんど意味を持たないのである。

日熱医会誌,第29巻,第3号,273‐279頁,2001年
マラリア原虫とそのベクターの生態学論からみたマラリア流行の疫学と対策



答え3)
【 アフリカにおけるマラリアの流行は衛生問題、社会管理の問題に起因* 】
Global warming and malaria: a call for accuracy, P. Reiter et al., The Lancet Infectious Diseases, 4, 6, 323-324(2004)
* Paul Reiterはマラリア研究の第一人者としてIPCCの第三次報告書に参加していたが、マラリアの問題に対して専門外の分野から事実に基づかない湾曲した記述が行われたため、それに反対し執筆を降り、IPCCから自分の名前を削除するよう強く要請している[Ref]。
http://feliscatus.web.fc2.com/
関連記事


Comment

(編集・削除用)
管理者にだけ表示を許可

Trackback

URL
http://chikyuondanka1.blog21.fc2.com/tb.php/69-a5f2ed29
この記事にトラックバック(FC2Blog User)
Copyright © chikyuondanka
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。