スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

地球の適温は何度ですか?



Comment

2010.08.09 Mon 03:18  |  

A3) 地球の適温というのは存在しません。人間社会にとっての適温は存在します。それは特に農業や野生生物が関わってきます。

たとえば、日本全体の気温が現在より2度上昇した場合、今みかんを育てている地域は全て高温障害の発生する不適な地域となると考えられています。農作物の選択や野生生物(植物も含みます)の地理的分布は、その時その時の気候における最適状態を目指して変化し続けています。その適応には一般にかなり長い時間が必要なので、それぞれの時点での適温というのは存在します。

次に、適応が可能ならば、適温など考慮する必要がない、というのも正しくない。100年に0.1℃程度の変化であれば、森林生態系はだいたいにおいて移動が間に合います(もちろん陸水生態系は取り残されるので、これでも実際には速すぎる)。しかしこれが100年で5℃だと大事件になるのは明らかですね。森林の南限が北上する速度が間に合わず、広範囲で生態系が脆弱となります。適応が間に合う程度のタイムスパンであれば適温についてあまり考えなくてもよいが、それは現実的には下手をすると地質学的なレベルでの時間スケールなので、今の我々の社会にとっての適温は今と同じぐらいか、もう少し寒い程度だと言えます(生態系はまだ寒冷期からの適応過程にあるところが結構あるはず)。

  • #-
  • ESD
  • URL
(編集・削除用)
管理者にだけ表示を許可

Trackback

URL
http://chikyuondanka1.blog21.fc2.com/tb.php/72-e5094f6a
この記事にトラックバック(FC2Blog User)
Copyright © chikyuondanka
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。